【提案】自社サイトの作り方をまとめました【外注した方がベター】

自社サイトを作りたい会社の担当者の方に向けて、自社サイトの作り方と流れをまとめました。

 

この記事を書いている僕は、現在Web制作会社で働いています。ブログを運営しつつ、プログラミングを独学したので、Web制作には詳しい方だと思います。

記事のまとめとして、自社制作・外注のどちらがいいのかにも触れますので、ぜひ参考にしていただければm(_ _)m

なお、結論から言うと「外注するのがベター」なので、外注した方がいい理由についても解説します。

この記事の内容

  1. 自社サイトの作り方と流れを解説【重要なのは目的】
  2. 自社サイトを作るために必要な知識【サーバー・ドメイン】
  3. 自社サイトは自社製作してもいいけど、外注するのがベターです

-スポンサードサーチ

自社サイトの作り方と流れを解説【重要なのは目的】

自社サイトの作り方と流れを解説【重要なのは目的】

自社サイトを作るにあたって、「自社サイトを作る目的」は考えていますか?

サイトを作るのは「手段」であり、「何のために作るのか」という目的の設定が必要です。

自社サイトを作る目的の例

  • 自社サイトからのお問い合わせを増やしたい
  • サイトを通じて、会社のイメージをアップさせたい
  • 自社メディアとして運営していきたい(オウンドメディア)

 

「何のために作るのか」を考えると、「Webサイトをどう運用していくのか」という考え方に繋がります。

運用の仕方によって、Webサイトの設計図と予算が変わってくるので、作る目的を設定することはとても重要です。

自社サイトの作り方の流れ

目的の重要性が軽くイメージできたところで、Webサイトの作り方の流れを解説します。

 

Web制作の流れは以下のとおり。

Web制作の流れ

  1. 作る目的を決める
  2. 目的に応じたサイト設計をする
  3. 全体のデザインを決める
  4. 実際に作っていく
  5. 完成

作るということを考えると、どうしても「形を作っていく」点に意識が向きがちですが、大事なのは「作る目的を決めること」です。

 

最初の土台がしっかりしていないと、作る途中で方針がコロコロ変わって、まとまりのないサイトができてしまいます。

Webサイトのまとまりのなさは、見ている人にも伝わってしまうので、作る目的は最初に固めておきましょう。

自社サイトの種類と作る目的は3つ

「自社サイトを作る目的を考えましょう」といっても、漠然としてわかりにくいと思いますので、作る目的を3パターンに分類してみました。

 

分類の仕方は「更新頻度」です。

更新頻度を考えれば、自ずと作る目的が見えてくるかなと思います。

更新頻度によって、外注する時の予算感も変わりますので、予算も合わせて紹介します。

Webサイトの更新頻度と目的

  • ほぼ更新しない(15万~):とりあえず持っておきたい。ほぼお知らせ・お問い合わせ用
  • たまに更新する(30万~):会社の事業をアピール・若干BtoCの要素も
  • 頻繁に更新する(50万~):オウンドメディア。Webマーケティングに力を入れていく

①ほぼ更新しない(15万~)

世の中の大半の自社サイト・コーポレートサイトはこの形かなと思います。

休暇や事業についてのお知らせはするものの、更新しないことを前提としたサイトです。

事業としては、BtoCというよりは、BtoBの会社が多いのではないでしょうか。

 

「あまり運用する気はないけど、なかったらそれはそれで困る」ので作るイメージですね。

インターネットで調べ物をする人は圧倒的に多いので、更新を前提としなくても、お問い合わせ用に持っておくといいです。

 

予算としては、だいたい15万くらい。

シンプルなページになるので、作るのにそんなに時間もかからないです。

②たまに更新する(30万~)

「本格的に運用はしないけど、会社や事業のアピールをしたい」という場合には、サイトをたまに更新するといいです。

訪れてくれたユーザーにとっては、「なるほど、この会社はこういうことをしているんだな」と興味を持ってくれるようなサイトに仕上がるはず。

 

インターネットから集客するのは厳しいかもですが、更新していればユーザーへのアピールにはなりますよね。

基本はBtoB事業だけど、若干BtoCを意識するようなイメージです。

ちなみに、いい社員を募集したいなら、たまに更新しておくと希望者には好印象ですよ。会社のことをよく知ってもらうきっかけになりますので。

 

予算は、30万くらいから。

更新するための「ブログ機能」を追加したり、全体の設計をよく練ったりする関係で単価は上がりますね。

既存のテンプレートを使うと、若干予算は抑えられるかもです。

③頻繁に更新する(50万~)

自社でメディアを運営する、いわゆるオウンドメディアとして運用する形になります。

運用の仕方によっても変わりますが、基本はBtoCの要素が強くなるかなと。ノウハウ提供系のサイトだと、BtoBにもなりますね。

 

予算としては、50万+運用費用という感じです。

Webサイトの構成は、「たまに更新するサイト」と大きく変わらないのですが、コンサルの要素が入ってくるので、その分予算は上がります。

 

メディア運営は大変なので、「なんとなくやろうかな」という気持ちで始めるのはおすすめしません。

結果が出るのにも時間がかかるので、ランニングコストがかかって、赤字になりやすいです。それ以上の利益を生み出せるなら取り組んでもいいかなという感じですね。

自社サイトなら30万ぐらいから作れます

自社サイトとして作るなら、たまに更新する程度だと思うので、予算としては30万くらいになります。

自社で制作してもいいのですが、それなりに知識が必要なので次でご紹介します。

-スポンサードサーチ

自社サイトを作るために必要な知識【サーバー・ドメイン】

自社サイトを作るための目的をなんとなく意識したところで、Webサイトを作るために必要な知識を軽くご紹介します。

Webサイトを作るために必要な知識

  • サーバー
  • ドメイン
  • CMS(コンテンツマネージメントシステム)

①サーバー

Webサイトはデータなので、データを置いておく場所が必要になります。

その「データを置いておく場所」が、サーバーと呼ばれるものです。

 

サーバーはレンタルすることができまして、1月に1,000円前後くらいですね。

エックスサーバーは定番で、安定します。このサイトはエックスサーバーを使っています。

②ドメイン

Webサイトを運用するには、ドメインが必要になります。

たとえば、このサイトのURLは「https://icedog-works.com」です。

 

https://のあとの「〇〇.com」がドメインと呼ばれるものになります。ざっくり言うと、インターネット上の住所ですね。

Webサイトを作るためには、サーバーの他に、ドメインを別途取得する必要があります。年間2,000円くらい。

既にサイトがあるなら、同じドメインを使ってもOKです。

③CMS(コンテンツマネージメントシステム)

コンテンツマネージメントシステムといって、Webサイトを制作・管理するためのツールです。

有名なのはWordpressというCMSで、世の中のサイトの25%はWordpressでできています。

もし、自社サイトを更新するのであれば、Wordpressを導入するのがおすすめです。

 

別にWIXというCMS・ホームページ作成ツールがあるのですが、個人的にはあまりおすすめしません(次で解説します)。

自社サイトは自社製作してもいいけど、外注するのがベターです

自社サイトは自社製作してもいいけど、外注するのがベターです

自社サイトを作るために必要なものは以下のとおりです。

自社サイトを作るために必要なもの

  • Webサイトを作る目的
  • サーバーのレンタル
  • ドメインの取得

知識としてはそんなに難しくないので、サイトを自社制作することも可能です。

 

もし、プログラミングがわからなければ、WIXのようなホームページ制作ツールを使うことになります。

ただ、ホームページ制作ツールを使うのはおすすめしないです。

たしかに、ホームページ制作ツールを使うと簡単にWebサイトが作れますが、見た目はツールを使った感が出てしまいます。

手を抜いて作ったサイトは見る人に見抜かれる

簡単にWebサイトを作れるシステムは、どこかにデメリットがあります。

ドメインが不自由・広告が入る・スマホで見た時のレイアウトが微妙になるなど。

 

とりあえず作りたいなら作ってもいいかもですが、一般の人は細かい手抜きによく気づきます。

「会社のホームページなのに、手抜きして作ってるんだな」と思われるのは、信頼性の観点から見るとNGですよね。

自社で作るよりもプロに外注するのがおすすめな理由

もし、「あまり知識がないんだよね」という場合は、プロに外注するのがおすすめです。

「自社サイトに15万から30万か。高いなぁ」と思うかもですが、ゼロから制作して2週間かかるなら外注した方がお得ですよ。

 

1日8時間は10日で80時間、30万を割ったら1時間あたり最大3,750円ですからね。15万なら1,875円です。

これくらいなら本事業の方で回収できるはずなので、時間・お金の両方を考えると、外注がいいかなと思います。

Web制作を個人で受けています

僕は個人でWeb制作を請け負っておりまして、Web制作の目的を考えるところから、運用の仕方まで提案することができます。

個人でやってることなので、制作会社に頼むよりも若干安く受けられるはずです。

手が空いてなかったら、信頼できる知人に依頼しますので、お気軽にお問い合わせください。

 

興味がありましたら、Web制作のご相談はこちら【概要・料金・進め方】からお問い合わせいただければと思います。ご連絡をお待ちしておりますm(_ _)m

>>直接のお問い合わせはこちら

 

関連記事:
【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

スポンサーリンク
スポンサーリンク