フリーランスとは?これからの時代の働き方

-スポンサードサーチ

フリーランスという働き方をご紹介します!

フリーランスという言葉はご存知ですか?

「聞いたことはあるけど…」

「どこの会社?」

「働き方の種類だよね?」

などなど、わかるようでわからない言葉ですよね。

この記事ではフリーランスの意味と特徴についてご紹介します!

フリーランスの意味って?

フリーランスとは、特定の企業や組織に属していない自分のスキルを使って仕事をする個人事業主のことを言います。

例えば、イラストレーターやデザイナー、ライター、プログラマーなどが代表的ですね!

サラリーマンや派遣社員は特定の会社と雇用契約を結びますが、フリーランスは企業や個人と1案件ごとに契約を結んで仕事をする働き方のことです。

会社の内外で武器となるスキルを身に着けて、自分の力で仕事をしていくことを決めた人がフリーランスとして働くことを独立と言います!

フリーランスの由来

フリーランスは英語に直すとFreelance。

つまり、Freeなlance… 自由な槍と書きます!

中世のヨーロッパ諸国では特定の軍隊を持たず、戦争ごとに兵士を雇っていたそうです。

兵士の武器といえば槍(lance)ですから、そこからフリーランスという言葉に繋がったとのこと。

フリーランスとしての兵士はフリーランサーとも呼んだそうです!

(フリーランスのイメージ)

-スポンサードサーチ

フリーランスの職種

フリーランスは職業ではなく、あくまでも働き方の種類です。

フリーランスの代表的な職種を列挙してみました。

  1. ブロガー・アフィリエイター
  2. デザイナー・イラストレーター
  3. エンジニア・プログラマー
  4. ライター・コピーライティング
  5. 音楽家・アーティスト
  6. 小説家
  7. カメラマン
  8. 翻訳家

などなど、共通していえるのはクリエイティブな要素があることかもしれません。

会社員だとどうしても事務的な作業が多くなってしまいますが、フリーランスは自分の商品を売る仕事なので、クリエイティブな要素は必須といってもいいでしょう。

フリーランスのメリット・デメリット

では、フリーランスとして働くことはどのようなメリットとデメリットがあるんでしょうか?

メリット

  • スキルに見合った収入が得られる
  • 働き方の自由度が増す
  • 人間関係のストレスが減る
  • 通勤時間が無くなる
  • 副業ができる

デメリット

  • 収入が不安定
  • モチベーションの維持が大変
  • 孤独感がある
  • 社会的信用が薄い
  • 自力で社会保険や税金の手続をしなくてはならない

メリット・デメリットは表裏一体

ざっくりまとめると、フリーランスは自由度が高い反面、何でも自分で責任を取る必要があるということですね。

フリーランスと会社員の働き方を比べた時に、「どっちが魅力的か?」は人それぞれでしょう。

フリーランスが良くて会社員が悪いわけではありませんし、どういう働き方がしたいかによって選択するのがベストです。

-スポンサードサーチ

フリーランスと社会保険・税金

会社員だと社会保険や税金などの面倒な手続はすべて会社がやってくれます。

月々の給料明細を見てみると、企業共済掛金・源泉所得税・住民税などが引かれているのがわかりますね。

しかし、フリーランスは社会保険や税金の手続などは全部自分でやる必要があります。

知識ゼロの状態から始めようとするとなかなか大変です。

「社会保険ってどこに行けば手続できる?」

「所得税の確定申告って何?」

(なぜか)学校で教えてくれないので自分で調べなければなりません。

ただ、今はインターネットで簡単に調べられますし、面倒な手続も一部代行できるサービスがありますので、過度に恐れる必要はありません。

フリーランスという働き方の選択肢

最近では、「AIの進歩により今ある仕事のほとんどが置き換わる」ことがよく話題に登ります。

何も考えずにできる単純作業的な仕事は少しずつ淘汰される運命にありますが、創造性が豊かな仕事はこれから先ますます需要が増していくことでしょう。

皆一斉に就活をして一斉採用されるという時代はいつかなくなるかもしれません。今より企業の力が弱くなることも考えられます。

働き方は1つではありません。

ぜひ「会社員以外の働き方もある」ことを知っていただければと思います!m(_ _)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA