プログラミング初心者でも簡単にコードが書ける『HTMLの教科書』

こんにちは、プログラミング初心者の氷犬です!

 

これまで「Progateを使ってプログラミングを勉強中」と言っていましたが、市販の本を使ってゼロからホームページを作ってみたのでご紹介します。

 

こんな人におすすめ

  • HTML/CSSで試しにWebサイトを作ってみたい
  • プログラミング初心者でも簡単に学べる本が知りたい
  • Progateはやったけど、まだホームページを作ったことがない

 

[toc]

 

-スポンサードサーチ

プログラミング初心者でも簡単にWebサイトが作れました

使った本『作りながら学ぶ HTML/CSS デザインの教科書』

今回使った本はこちら。

『作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書』

値段は3,000円くらいです。

フルカラーなので高いですが、必要経費だと思って買ってみました。

2013年に発売されているので、内容が古いと感じるところもありましたが、つまずくことなく「ゼロからホームページを作る経験」ができるので良い本だと思います。

作ったサイトはこちら

作ったサイトはこちら

本のとおりに作るとこのようなサイトができあがります。

 

プログラミング初心者でも簡単に基礎が学べます

本の中で扱うこと・言語など

『HTML/CSSデザインの教科書』では、3つの言語を使ってゼロからホームページを作っていきます。

  1. HTML:ホームページの構造を作る
  2. CSS:ホームページをデザインする
  3. JavaScript:ホームページに動きをつける

 

本当にゼロから作るので、最初はこんなコードを書くところから始めます。

この<!DOCTYPE html>とか<meta charset>の意味がよくわかってなかったので、ゼロから作るというのはすごく良い経験になりましたね。

自分が書いたコードが徐々にホームページを形作っていくのは感動的でした。

 

チャプター(手順)の数・かかった時間

『HTML/CSSデザインの教科書』には、全部で9のチャプターがあります。

  1. はじめる前に
  2. HTMLファイルを作成しよう
  3. CSSで装飾しよう
  4. 画像を編集し、HTMLで表示しよう
  5. 共通部分の作成とレイアウト
  6. リンクを設定し、ナビゲーションを作り込もう
  7. 各ページを作成しよう
  8. サイトに動きをつけよう
  9. サイトの公開と仕上げ

基本はHTMLとCSSでホームページの構造・デザインを作り込んでいって、最後にほんの少しJavascriptを使ってみる感じですね。

 

僕は1日3時間×3日の計9時間でホームページを作ることができました。

まあ、スマホいじりながらダラダラやってたので、やろうと思えば7時間もあれば終わると思います。

「3,000円もするのに7時間で終わるの?」と思うかもしれませんが、かなり細かく解説されていて、「本を読んでもわからない」ことがないので妥当な値段・時間だと感じました。

-スポンサードサーチ

作る中で感じた本のメリット・デメリット

〇:メリット

  1. ゼロからつまずくことなくホームページが作れる
  2. 細かく解説されていてわかりやすい
  3. コード(タグ・クラス)の説明が詳しい
  4. 見た目がカラフルで取り組みやすい
  5. 複数のページを同時に作るので、リンク構造が理解できる

こんなところでしょうか。

とにかく「簡単に」作れることが、大きなメリットだと感じました。

ゼロから勉強するのには小さい成功体験を積み重ねるのが大事ですからね。

×:デメリット

  1. かなり前の本なので出てくる内容が若干古い
  2. デザインが今風ではない
  3. 本自体が厚いので置き場所に困る

2013年に出た本ということもあり、デザインが古いのは気になるポイントでした。

まあ、基礎を学ぶということなのでデザインを気にしてもしょうがないとは思いますが、正直作っててあまりテンションが上がらなかったです笑

コード自体を書くのは苦ではなかったので、デザインは妥協点といったところでしょうか。

 

あとは本自体が300ページあり、序盤・終盤のページはどうしても捲れてきてしまうので、固定するのが手間でしたね。

内容に関して大きな不満はなかったので、デメリットは個人的な好き嫌いの範囲内かなと。

ゼロから勉強には本の方がわかりやすいかも

Progateはわかりやすいのですが、「ゼロから作るわけではない」ので、ある程度コードを書いてみたら本で学習する方が良いかもしれません。

ゼロから作った上でまたProgateに戻ると最初は気づかなかったことに気づけるようになると思います。

 

あと一番大きな違いは、「自分で作ったサイトをアップロードするところまでやる」という点ですね。

このブログはWordpressで作ってるので、正直ホームページのアップロードの仕組みはよく知らなかったのですが、ホームページをひとつ作ったことでなんとなくホームページの仕組みが理解できました。

仕事を受注してもファイルの扱い方がわからないと困るので、やはり自分でホームページを作ることは大事ですね。

-スポンサードサーチ

1冊やり終えたら早速自分のサイトを作ってみる

Progateと本でHTML/CSS/JavaScriptの仕組みはなんとなくわかるので、基礎知識は十分に身についてるかなと思います。

あとはホームページ作成のフレームワークである、Bootstrap・Wordpressをドットインストールで勉強したら早速自分でホームページを作ってみます。

実践してみないとわからないことはたくさんありますからね。

 

もし、「プログラミングをこれから勉強したいんだけど」ということでしたら、まずはProgate、次にゼロからホームページを作れる本を買ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA