プログラミング入門におすすめの言語はHTML/CSSです【最適】

プログラミング入門におすすめな言語はHTML/CSSです

こんばんは、Webエンジニアの氷犬です。

プログラミングを始めたい人

プログラミングを始めたいんだけど、入門におすすめな言語を知りたい。
JavaとかRubyとかPHPとかいろいろあるけど、違いがよくわからないし…

とりあえずプログラミングを始めるのにおすすめな言語はなんだろう?

こんな疑問に答えます。

 

結論から言うと、プログラミング入門におすすめな言語はHTML/CSSです。

この記事では、HTML/CSSがおすすめな理由を紹介します。

この記事の内容

  1. プログラミング入門におすすめな言語はHTML/CSSである理由
  2. プログラミング入門の言語選びはハードルが低いものから
  3. 本格的に学ぶ言語はプログラミング入門後に考えよう

※正確にいえば、HTML/CSSはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語といいます。

ただ、この記事は超初心者向けなので、わかりやすく書いていますm(_ _)m

-スポンサードサーチ

プログラミング入門におすすめな言語はHTML/CSSである理由

プログラミング入門におすすめな言語はHTML/CSSである理由

「プログラミング 入門」とかで調べると、いろいろな言語がおすすめされていますよね。

「プログラミング 入門」の検索結果

  • Java
  • C#
  • Ruby
  • PHP
  • Javascript など

こんな感じで言語の名前が並んでいて、一応説明は書いてあるけど「何が書いてあるか全然わからない…」となった経験があると思います。

いろいろおすすめされてはいるけど、結局何がおすすめの言語なのかがわかりづらいですよね。

 

完全初心者には、JavaやPHPといった言語は正直難しいかなと思うので、まずはHTML/CSSでプログラミングの雰囲気を掴むのがおすすめです。

HTML/CSSはとても簡単【入門に最適】

HTML/CSSはWebページの見た目を作る言語です。

HTML/CSSを使うと、こんな感じのサイトが作れるようになります↓

Bootstrap1

なんとなくお洒落だし、すごそうに見えますよね。

ただ、技術的にはそこまで難しいものではありません。

 

見た目はすごそうに見えるけど、難しい技術は必要ない。

HTML/CSSは、簡単で楽しく学べる言語です。

実はHTML/CSSはプログラミング言語ではないんですが、コードを書くという意味では一緒なので、まずHTML/CSSから始めるのがいいかなと思います。

見た目を作る言語なので直感的で楽しい

HTML/CSSは見た目を作る言語なので、「書いていて何ができるか想像しやすい」というメリットがあります。

少しコードを書くだけで、段々とWebページの見た目ができていく過程は、誰でも楽しく感じるはずです。

 

初心者の内から裏で動くシステムを書いたところで大しておもしろくないので、「見た目を作る言語」であることはHTML/CSSのメリットかなと。

簡単かつ楽しんで学べるのが、HTML/CSSの特徴です。

ポートフォリオが作りやすい

HTML/CSSの別のメリットとして、ポートフォリオが作りやすいという点があげられます。

ポートフォリオとは、「作品集」ですね。

 

たとえば、僕はこんな感じのポートフォリオを持っています↓

ポートフォリオ

HTML/CSSだけで4つほど作っただけですが、並べるとそれなりの見た目になります。

 

就職や転職活動をする時にはポートフォリオが必須なので、ポートフォリオが作りやすいのはHTML/CSSのメリットかなと。

プログラミング入門の言語選びはハードルが低いものから

プログラミング入門に最適な言語として、HTML/CSSをおすすめしましたが、ポイントは「学習のハードルが低いこと」です。

プログラミング言語はいろいろありますが、学習のハードルが低いものから高いものまで様々。

もちろん、何から始めてもいいのですが、たまたま難易度の高い言語から始めると挫折しやすいかなと思います。

サーバーサイド言語を選ぶと挫折しやすい

プログラミング言語には、Ruby・PHP・Java・C#などいろいろ種類がありますが、これらのーサーバーサイド言語を選んでしまうと挫折する可能性が高いです。

サーバーサイド言語とは

見た目に現れない、サーバーやデータベースを動かすのに使う言語のこと。

※ざっくりした説明です

 

サーバーサイド言語は、HTML/CSSと違って数学・論理的なところがあるので、学習過程はザ・勉強という感じになります。

どうせ勉強するなら楽しく慣れていきたいですよね。

なので、最初はHTML/CSSから始めることをおすすめします。

Rubyから始める人は多いけど…

最近では、サーバーサイド言語のRubyの人気があり、とても盛り上がっています。

Ruby on Railsというフレームワークが便利なので、ベンチャー企業・スタートアップで人気なようです。

フレームワークとは

よく使う機能をひとつにまとめた便利な機能・システムのこと。

RubyならRuby on Rails、PHPならLaravelというフレームワークが有名。

 

実は僕もプログラミング学習の始まりはRubyからでした。

paizaやProgateでRubyとRuby on Railsをやってみたものの、正直「何が楽しいのか全然わからない…」状態。

その後、HTML/CSSを始めたら意外と簡単で、段々とプログラミング学習が楽しくなるという流れでした。

 

Rubyはとてもいい言語だと思いますが、HTML/CSSを飛ばして学べる言語ではないかなと思います。

HTML/CSSは一番ハードルが低い

HTML/CSSは、正確に言えばプログラミング言語ではなく、マークアップ言語といいます。

Webページの見た目を作る=構築するから、マークアップ(構築)言語と言うんですね。

実際触ってみるとわかりますが、HTML/CSSとRuby・PHPなどの言語は勝手が違います。

 

ただ、プログラミングに慣れるという意味では、HTML/CSSでもRubyでもどっちでもよくて、それなら簡単なHTML/CSSを選ぼうという発想です。

-スポンサードサーチ

本格的に学ぶ言語はプログラミング入門後に考えよう

本格的に学ぶ言語はプログラミング入門後に考えよう

 

「そもそもプログラミングって何?」という状態では、何の言語を学べばいいかなんてわからないと思います。

Rubyを学ぶにしろ、PHPを学ぶにしろ、プログラミングに慣れてから何を学ぶか決めても遅くないです。

HTML/CSSを学習しているうちに、段々と他の言語も気になってくるので、とりあえず挫折せずに続けるのがいいかなと。

プログラミングに慣れないことには何も始まらない

まず、プログラミングの世界に慣れない限りは何も始まらないです。

 

ただ、「ゼロからプログラミングに慣れるのは自分ひとりでは厳しい…」ということもあると思います。

最初の辛い時期をさっと乗り越えるためには、Teck Academyなどのプログラミングスクールを使うのもおすすめです。

15万円くらいかかりますが、長期的に見たら初期投資としてはそんなに高くないかなと。

 

もちろん、独学でもOKです。

効率の良いプログラミング学習方法は、以下の記事にまとめました↓

プログラミングの効率的な学習方法と手順を5ステップで【ゼロから】

2018.08.16

慣れたら段々やりたいことがわかってくる

プログラミング言語には、PHP・Ruby・Java・Pythonなど、いろんな種類があります。

それぞれ用途や規模が違いますが、慣れたらなんとなくわかってくるので、最初は気にしなくてOK。

 

ちなみに、言語の違いはこんな感じです↓

プログラミングの目的と言語

①Web製作がしたい・フリーランスになってノマド生活がしたい

⇒ HTML/CSS/Bootstrap/JavaScript/jQuery/PHP など

②Webサービスが作りたい・ベンチャー企業で働きたい

⇒ HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/Swift など

プログラミングは目的ではなく手段です

「プログラミングを学ぼう」と考えた時には、プログラミング学習は目的になっています。

ただ、プログラミングはWebサイトを作る・Webサービスを作るなどの手段です。

 

あくまでもプログラミングは目的ではなく手段ということを頭に入れておいて、プログラミングを始めましょう。

でも最初から「プログラミングは手段」なんてなかなか思えないので、HTML/CSSから楽しく始めるのが大事かなと思います。

HTML/CSSの独学は、こちらの記事でまとめていますのでどうぞ↓

HTMLとCSSを独学するための3ステップ【初心者OK】

2018.08.09

 

僕もまだ始めて間もないですが、プログラミングは人生を変えるツールであると信じています。

ぜひプログラミングを学んで、人生をより良い方向に持っていきましょう(^_^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク