【初の海外旅行】iSaraハウスに訪問しました【バンコク7泊9日の旅】

iSaraハウスに行ってきました

元税務職員の氷犬です。

8/30(木)から9/7(金)まで、タイの首都バンコクに海外旅行にいってきました。

 

今回の旅行の目的は、「バンコクのiSaraハウスに遊びに行くこと」。

人生初の海外旅行でしたが、とても楽しかったです。

 

そんな人生初の海外旅行+バンコクの様子を、写真とツイートと共にまとめました。

この記事は感想多めです

10,000文字なので、結構なボリュームです。

「iSaraハウスのエピソードだけ知りたい」という方は↑の目次からどうぞ。

>> 【持ち物編】バンコク一人旅に必要な荷物まとめ【写真付き+予算も紹介】

>>【食事編】バンコク一人旅におすすめな食事6選を紹介【安くておいしい】

-スポンサードサーチ

成田空港からドンムアン空港,そしてオンヌットへ【1日目】

バンコク旅行1日目は、成田空港からドンムアン空港に向かい、バンコク市内のオンヌットへ。

飛行機の出発が遅れ、バンコクに21時頃に着いてしまったので、移動と夕食だけで終わりました。

成田空港からドンムアン空港まで

バンコクまでのチケットは、エアアジアを使って取りました。

平日を狙ったのもありますが、成田空港から往復で26,000円程度となかなか安かったです。

 

エアアジアの飛行機は、チェックインが1時間前まで、ターミナルは2から飛ぶので注意。

久々の飛行機だったので、「国際線はターミナル1」「30分前くらいに着けばOK」と、めちゃくちゃな勘違いをしていました。よく調べましょう。

※国内線でも30分前に着くのはアウトです。

 

エアアジアの飛行機は、日本のPEACHとかと比べて座席が広く快適でした。

エアアジアの機内

日本のLCCと比べると広い

ただ、機内は冷房が効いていて寒かったので、上着を持っていった方がいいですね。

 

出発が遅れたのもあり、タイのドンムアン空港についたのは21時頃でした。

飛行機から降りると入国審査があり、あらかじめ機内で渡される入国審査カードに必要事項を書いて、入国審査官に渡す必要があります。

全部英語なので、あらかじめ入国審査カードの記載例をデータで持っておくと安心です。

タイ出入国カード書き方と記入例【2018年最新情報】英語見本

現地通貨への両替とSIMカードの購入

タイの通貨は、タイバーツ(THB)です。1バーツは3.4円くらい。

当然日本円は使えないので、両替してもらうか、海外キャッシングする必要があります。

 

両替は手数料が高いので、海外キャッシングの方がいいかなと思いました。

海外キャッシングをするのには審査が必要なので、あらかじめ申し込んでおくべきですね。

審査は2日~1週間ほどかかります。早目に手続きしておきましょう。

 

僕は海外キャッシングの手続きをしておらず、旅行当時は定職についていなかったので、結構焦りました…笑

元公務員で、滞納もしたことがなかったからか、無事に通ったみたいです。

 

タイでは日本のSIMカードは使えないので、タイのSIMカードを購入する必要があります。

タイのAISというキャリアの店舗が空港内にあり、そこでカードが購入できます。

手順はmanablogを読んでおくか、店員に言われるがままにしましょう。

【1分で解説】バンコクSIMなら、AISを選ぶべし【旅行者向け】

 

僕はまったく英語が喋れないので、「スマホのパスワードを入力して」が「パスポートを見せて」に聞こえて、10分ほど「???」となってました。

 

とりあえず1週間の旅行なら、1weekとか7daysとか言っておけばいいです。

店員がSIMカードの挿入からチャージまで、代わりにやってくれます。

ドンムアン空港からオンヌットまで

ドンムアン空港から市内までは若干距離があるので、バスかタクシーで移動します。

 

僕はタクシーの乗り方がよくわからなかったので、バスと電車を乗り継いで市内に向かいました。

ドンムアン空港にはA1という番号のバスがあり、そのバスに乗ると終点のモーチット駅まで連れて行ってくれます。

料金は35バーツくらいです。

 

モーチットからはBTSという電車が走っているので、その電車に乗ればバンコクの中心地に行けます。

距離にもよりますが、モーチットから中心部のプロンポンやオンヌットまでは46バーツ(160円)ほどです。

なお、タイ語が読めなくても、なんとなくでチケットは買えます。

 オンヌットの屋台飯とホテル宿泊

初日からオンヌットに向かった理由は、バンコクの地理がよくわからず、適当に評価がよかったホテルを取ったためです。

「バンコクに行ったら絶対にパッタイを食べよう」と思っていたので、とりあえずオンヌットの屋台に行きました。

 

屋台で買ったのは50バーツ(160円)のパッタイと、55バーツ(170円)のスムージー。

詳しくは食べ物編で書きますが、パッタイは平打ち麺の甘めナポリタンといった感じで、可もなく不可もなくという感じでした。

スムージーはとてもおいしかったですね。

 

屋台でご飯を食べたあとは、オンヌットのトリカホステルに泊まりました。

評価はNo.1だったのでまずまずでしたが、個人的には2日目に泊まったホテルの方がよかったですね。

 

ホテルに着いたのが0時近かったので、初日はこれで終了です。

初の海外旅行ということもあり、初日はとても恐る恐るといった感じでしたが、意外となんとかなりました。

中心部プロンポンとタイのコワーキングスペース【2日目】

2日目は、バンコクの中心部プロンポンに行きました。

 

目的は、タイのコワーキングスペース「AIS Design Center」に行くこと。

初の海外旅行にも関わらず、パソコンで作業ができる場所を探していました。

コワーキングスペース「AIS Design Center」

早起きしてプロンポンに向かったのですが、朝8時くらいだったため、タイの通勤風景が見れました。

タイは車社会なのでめちゃくちゃ渋滞するし、電車も満員でした。ほぼ東京ですね。

 

10時までAISが開かなかったので、Topsマーケットのイートインスペースでのんびりしてました。

 

11時からAISコワーキングスペースへ。

AISは10:30から21:00までやっていて、1日150バーツ(470円)です。

入館するとカードを渡され、1日出入り自由に。

 

年間だと1,200バーツ(4,000円)になるので、もし年に何度かタイに行くのであれば、年間契約の方がお得です。

Wi-fiの速度も速いし、とても静かなのでなかなか快適でした。

なお、冷房が効いていて寒いので、上着は必須です。

元公務員仲間くもしさんとオフ,バンコクの夕食

その日は15時からカンファレンスがあったらしく、AISを追い出されたので、近くのカフェで作業してました。

タイではフリーWi-fiが通ってることが多いですが、パスポートの番号を求められます。

ただ、番号をチェックしてるわけじゃなさそうなので、適当に入力しても大丈夫かもです(空港のフリーWi-fiは適当な番号でOKでした)。

 

夕方からは、元公務員仲間のくもしさんと合流し、ご飯を食べに行きました。

プロンポン駅付近に「イムちゃん」という観光客向けのお店があり、そこでチャーハンと茄子と豚ひき肉の炒め物を頼みました。

チャーハンは日本っぽくておいしかったです。茄子と豚ひき肉の炒め物は変な香草が入っていて、あまり好みではなかったです。一応全部食べましたが…

 

食事をした後はくもしさんと別れ、2日目のホテルへ。

2日目は、マナブさんがおすすめしていたワンデイホステルへ泊まりました。プロンポンから徒歩8分ほどのホテルで、agodaを使えば1,000円程度で宿泊可です。

洗濯・乾燥機が揃っていて、作業スペースもあり、水回りがキレイでとてもおすすめできるホステルでした。

 

正直バンコクの中心部にいるのは結構ツラくて、2日目にして「日本っていい国だな。早く帰りたいな」と思っていました。

中心部は暑い上に交通量が多く、割と消耗する感じです。

当たり前ですが日本語も通じないし、2日目は精神的に疲れてました。

-スポンサードサーチ

iSaraハウス訪問,iSaraメンバーと初めての出会い【3日目】

今回のバンコク旅行の一番大きな目的は、「iSaraハウスに遊びに行くこと」。

本当はもっといろいろ見て回る予定だったのですが、iSaraハウスの居心地がよすぎて、3日目以降はiSaraハウスにずっと引きこもってました笑

 

5日間ぐらいいて、いろいろあったため、いくつか取り上げて振り返りますm(_ _)m

iSaraハウスのエピソード

  • iSaraハウスに初の訪問
  • マナブさんはシャネル好き?
  • 「確かに確かに」
  • iSaraの妖精
  • ショーヘーさんの氷犬の読み方

iSaraハウスに初の訪問

氷犬
(DMで)iSaraハウス着きました
マナブさん
(家から出てきて)あ、氷犬さん。どうも
氷犬
氷犬です。よろしくお願いしますm(_ _)m

 

ユーキさん
はじめましてー
ショーヘーさん
氷犬さん、はじめましてー
ジャックさん
お、氷犬さんオッケーイ!!
ユリアさん
お久しぶりですー

皆さん、温かく迎えてくれました。

ジャックさんとユリアさん夫妻は8月からバンコクにいて、オフ会のためにiSaraハウスに遊びに来ていた感じです。

 

初日は、僕が元税務職員ということもあり、税務署の裏話的なものをしたり、WiiUのスマブラをしたりして過ごしました。

ショーヘーさんとは3日間ぐらいスマブラをしたんですが、僕の勝率は30~40%ほどでした。力及ばず(-_-;)笑

マナブさんはシャネル好き?

(ジャックさんがアルマーニを着ていたので、アルマーニの話に)

ジャックさん
ワイ、めっちゃアルマーニ好きなんすわー! このTシャツもそうやし、ジーンズもそうやし
ユーキさん
へー。そういえば、マナブさんはシャネル好きっすよね
氷犬
へー。マナブさんシャネル好きなんですね
マナブさん
言ったことないし…ww

※買ったこともないそうです笑

 

ユーキさんのウソかホントかわからないジョークがめちゃくちゃハイセンスでした笑

「確かに確かに」

初日の夜はユーキさん・ショーヘーさん・まにょさん・僕で、深夜3時ぐらいまでお話ししてました。

皆さん否定せず、頷きながら話を聞いてくれるので、とても話しやすかったです。

氷犬
iSaraの皆さんもそうですけど、フリーランスの人って若く見えますよね
ショーヘーさん
確かに。ストレスないの大事っすよ!
ユーキさん
確かに確かに

 

氷犬
ユーキさんめっちゃ確かにっていいますよね笑
ユーキさん
確かに確かに。否定しないで肯定から入ると、すごく仲良くなれると思うんすよね
ショーヘーさん
確かに確かに

「確かに確かに」、これから使っていこうと思いましたd(^_^o)

iSaraの妖精

(マナブさんはご飯を食べる時以外、基本的に寝室にいたので)

氷犬
マナブさんとお話ししたいんですけど、話しかけるチャンスがなかなかないんですよねー
ユーキさん
確かに確かに。マナブさんはふらっと来てふらっといなくなるんで
まにょさん
なんか妖精っぽいですよね笑
ショーヘーさん
iSaraの妖精、いいっすね笑

iSaraの妖精、マナブさん。

笑顔がとても素敵な人でした(^_^)

 

なお、iSaraにはヒロインもいるとのことです(想像にお任せします)

ショーヘーさんの氷犬の読み方

ふるさん
氷犬さんって、なんで読み方ひょうけんなんですか?
氷犬
なんとなく違和感がないかなと。こおりいぬでもいいんですけど
ショーヘーさん
僕しばらく、こおりいぬさんだと思ってました
氷犬
どっちでもいいんですけど、一応ひょうけんですね笑
ショーヘーさん
結構愛着持って呼んでたんですけどね…笑

ちなみにマナブさんもずっと「こおりいぬさん」と読んでました笑

バンコク旅行でお会いした人を紹介します【10名】

最後にバンコク旅行でお会いした10名を紹介します。

皆さんとてもいい人で、温かくお話ししてくれて嬉しかったです。

 

今回のバンコク旅行は、お話ししてくれた皆さんのおかげで楽しくなったといっても過言ではありません。

ぜひTwitterやブログをチェックしてみてくださいm(_ _)m

バンコクでお会いした人

  1. マナブさん:@manabubannai
  2. ユーキさん:@yukithaihalf
  3. ショーヘーさん:@showheyohtaki
  4. しゅう丸さん:@shumarukiti
  5. ふるさん:@guutenx
  6. ジャックさん&ユリアさん:@CaptainJacksan,@Yuulia_23
  7. まにょさん:@manyotaso
  8. くもしさん:@9mo4pro
  9. Shogoさん:@tencho3588

マナブさん

当ブログのスポンサーでもある、ブロガーのマナブさん。

想像していた以上に人生から無駄を排除していて、なんだかマナブさんらしくていいなと思いました笑

 

妖精みたいな感じで、お話しする時間はそこまで多くなかったですが、最後に挨拶したら「ぜひまた来てください」と言ってくれたので嬉しかったです(^_^)

最近筋トレを始めたらしく、半年後くらいにどれくらい筋肉がついてるか確認しにいこうと思います笑

 

次会う時はもっと話したいので、マナブさんが食いつくネタをたくさん仕入れていきたいですね!

今度はぜひビールでも飲みながらお話ししましょうm(_ _)m

ユーキさん

iSaraハウスのオーナーのユーキさん。

 

Twitterが革命家っぽい印象で「気難しい人なのかも」と勝手に思っていたんですが、実際はめちゃくちゃ明るくて楽しい人でした。

実はバンコクに行くまで、ほとんど面識がなかったのですが、気さくに接していただきましたm(_ _)m

 

とにかくボケてショーヘーさんがツッコむというお決まりの流れが合って、とても楽しかったです。iSaraのムードメーカー的存在。

ユーキさん
氷犬さん帰っちゃうと寂しいっすね… またいつでも帰ってきてください!

最後にこう言ってくれて嬉しかったです(T_T)

 

そんな明るいユーキさんですが、壮絶な過去を語ったプロフィール記事があるので、ぜひご一読を。

ショーヘーさん

WebエンジニアでiSaraメンバーのショーヘーさん。

ご飯に連れて行ってもらったり、Web制作の相談に乗ってもらったりと、本当にお世話になりましたm(_ _)m

 

iSaraの中でなぜかイジられるポジションにいるのですが、的確にツッコみ続けるお兄さん的存在です。

どう話しかけても優しく返してくれて、本当にいい人でした。

 

一緒の空間にいる時間が一番長かったので、今回の旅行ですごく仲良くなれた気がします。

近々東京に来るとのことで、ぜひまたお会いしたいですねd(^_^o)

しゅう丸さん

iSara1期生の中で、唯一プログラミングを続けているしゅう丸さん。

あまりTwitterに現れないので「クールな人だ」と思っていましたが、意外と朗らかな感じの人でしたd(^_^o)

 

最近バンコクに戻ってきたらしく、タイミングよくお会いできてよかったです。

Web制作だけではなくて、アフィリエイトや新規事業にも幅を広げていくとのことで、行動力ハンパないなと思いました。

 

いつまでバンコクでいるかは未定らしいですが、ぜひまたお会いしたいです!

ふるさん

iSara3期生で、K-POPマーケ分析家のふるさん。

当ブログでも「発信が激ウマなのでフォロー必須です」と、何度か紹介させていただいてる方です。

 

Twitterとブログの印象から「クールな女性」と、会う前に印象を決め打ちしていました。

ただ、実際にお会いしてみると、とてもかわいらしい感じで個人的にはかなり意外でした(^_^)

 

iSaraハウスの中で、朝から晩までずっと作業していて、とにかくストイック。

「激ウマな発信の源泉は、ここから生まれてるのか」と、勉強になりましたm(_ _)m

ジャックさん&ユリアさん

伸びシロサロン」のオーナー・プロブロガー・プロゲーマーのジャックさんと、奥さんのユリアさん。

 

ジャックさんの経営している伸びシロハウスに僕が住んでいることもあって、なんだかんだ4回ぐらいお会いしてる気がします。

ユリアさんもジャックナイトでお話させていただきましたm(_ _)m

 

とても仲良しな夫婦で、とにかく微笑ましかったです笑

借金を完済して伸びシロMAXなジャックさんはすごいと思ってましたが、ジャックさんをずっと支えてきたユリアさんも本当にすごいなと思いました

 

たぶん、これからも割と高い頻度でジャックさんにはお会いする気がしています笑

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

ジャックさんiSaraハウスで17時間寝てた日があって、ユリアさん大変そうだなと思いました笑

まにょさん

元バンドマンで、現在はフリーライターのまにょさん。

二拠点生活のため、バンコクで拠点を探しているということで、iSaraハウスに見学に来たそうです。

 

綺麗な見た目とふわふわした中身のギャップが、とてもいい感じの人でしたd(^_^o)

1,2日一緒だっただけですがとてもいい人だったので、ぜひまたお会いしたいですねm(_ _)m

 

なんとなくiSaraハウスで再会する気がしています…笑

くもしさん

新卒で公務員になり、3か月で辞めた伸びシロMAXなくもしさん。

元公務員同士ということで、なんとなく共通点があり、たまたまバンコクに旅行するということでお会いすることになりました。

 

2日目に初めてお会いしたのですが、バンコクを案内してくれてめちゃくちゃありがたかったです。

関西出身らしく、「ひょうけん」のイントネーションが独特で、かなり印象に残りました笑

 

今後はYoutuber・ライター・エンジニアとして、幅広く活動していくようです。

個人的に何かの巡り合わせで、すぐお会いできる気がしています。

会って早々に「氷犬さん聞いてくださいよー!さっきインド人にお金スられたんすよ…」と言われました、おもしろすぎる笑

Shogoさん

マナブさんに筋トレをレクチャーすべく、iSaraハウスにやってきたしょーごさん。

アメリカの大学に通いつつ、気ままに世界を旅しているようです。

 

話好きで行動力に溢れていて、僕と真逆な人ですが、なんと同い年。

「自分が別の世界線に行ったらこんな感じなのか」と思いました笑

 

世界を旅する行動力があって、とても視野が広く、前向きな人でしたね。

なんだか活力を分けてもらった気がします。ありがとうございましたm(_ _)m

ケースケさん【お会いできなかったけど】

元リクルート社員からフリーランスになった、iSaraメンバーのケースケさん。

今回は台湾旅行中で、iSaraメンバーの中で唯一お会いできず、残念でした(T_T)

 

今度行く時は、ケースケさんともぜひお話ししたいですね!

そう遠くないうちにお邪魔しますーm(_ _)m

-スポンサードサーチ

バンコク旅行の感想【とても楽しかったです】

7泊9日のバンコク旅行はとても楽しかったです。

実質バンコク散策は2日だけで、あとはiSaraハウスでのんびりしてただけなのですが、会いたい人に会えて食べたいものが食べれたので、満足できる旅行でした。

 

正直2日目までは「バンコクは生活費低くても、日本の方が全然いいな」と思っておりまして、そんなによく思えなかったです。

ただ、iSaraハウスに遊びに行ってiSaraメンバーに会い、屋台や地元の人の雰囲気を味わってからは「めちゃめちゃバンコクいいな」と考えが変わりました。

 

物価が安い割にご飯はおいしいし、東京の夏より過ごしやすいです。

ブログやリモートワークで稼げつつ、バンコクで生活するのはかなりアリだと思います。

iSaraの意味

iSaraは、タイ語で「自由」を意味する言葉です。

学生時代も税務署で働いていた時も、東京に来てからもどことなく不自由を感じることがあったのですが、なんとなくタイは自由な感じがしました。

もちろん、タイにはタイなりの不自由もあると思います。

 

ただ、日本に疲れたら海外で行くという選択肢に気づけただけでも、今回の旅行はかなり価値のあるものになりました。

僕はブログとプログラミングを始めて、本当に人生が変わり始めたと思います。

税務署を辞めてから先行きは不透明なままですが、今の方がずっと楽しいです。

 

次バンコクに行く時は、自分の力で稼げるようになった時ですね。

初の海外旅行で、今後に楽しみな目標がまたひとつ増えました。

 

iSaraの皆さん、お会いしてくれた方、本当にありがとうございましたm(_ _)m

ぜひまたお会いしましょう!d(^_^o)

女装ブロガーの月無ことのはさんも、僕が行く前にバンコクに旅行していて、とてもおもしろい記事を書いていたのでご紹介しますd(^_^o)

 

ブログテーマを作りました

バンコク滞在中にブログテーマ『Anemone』を作りました。

しばらく無料配布しますので、よかったらぜひ使ってみてくださいm(_ _)m

Wordpressテーマ『Anemone』を作りました【無料配布】

2018.09.06

バンコク一人旅におすすめな食事6選を紹介【安くておいしい】

2018.09.08
スポンサーリンク
スポンサーリンク