転職活動の9割は事前準備で結果が決まる【20代の転職】

【20代】転職結果は事前の準備で9割決まる【実体験からまとめた】

こんばんは、氷犬です。

転職しようとしている20代の人

今の仕事がイマイチしっくり来ないので、転職しようと思っています。

ただ、転職したことがなく、何から始めればいいのかがよくわかりません。

転職するにあたって、何を準備したらいいのか教えてください。

こんな疑問に答えます。

 

結論からいうと、求人に書いてあるスキルを3か月で身につけて転職するのがベストです。

ポイントは、「スキルを3か月で身につけること」。

転職して働きやすい環境を手に入れるためには、それなりの準備が必要になります。

 

そこで、この記事では、実際にスキルを身につけて転職した僕の実体験から、20代が転職するときに必要な準備について、ゼロからわかりやすくまとめました。

この記事の内容

  • 20代で転職するときの準備を4ステップで解説
  • 20代の転職は、どれだけ準備するかで働きやすさが変わる

なお、この記事に書いてある内容は、僕が転職するにあたって実践したことであり、過去の自分に知っておいてほしい内容になっています。

建前はなし、すべて本音で書いていますので、ぜひ参考にしていただければと思いますm(_ _)m

-スポンサードサーチ

20代で転職するときの準備を3ステップで解説

20代で転職するときの準備を3ステップで解説

20代で転職を考えるということは、だいたいは「働きづらい環境にいる」「キャリアを考えた時に不安になった」のどちらかですよね。

転職するにあたって、この2つの不安・不満を解決するためのポイントは、「スキルを身につけること」です。

スキルを身につけると、仕事に対して自分なりの根拠が付けられるので、主体的に働けるようになります。

スキルを身につけて転職するにあたって、必要な手順は次の3ステップです。

  1. 求人を眺める
  2. 求人の内容に書いてあるスキルを身につける【3か月】
  3. 働きつつ、転職活動をする

順番に解説していきますm(_ _)m

転職準備①:求人を眺める

「スキルを身につける」と説明したものの、「スキル」という言葉はふわっとしすぎています。

まずは求人から逆算して何のスキルを身につけるか決めましょう。

僕はまず、実際に求人サイトに登録して、ひととおり興味のある求人を眺めることから始めました。ゴールを設定することから、転職活動は始まります。

おすすめの転職エージェント

  1. DODA:最大級の転職サイト。カウンセリングが親切で、転職者満足度No.1。
  2. リクナビNEXT:定番のリクルート。転職先の選択肢が多いです。
  3. ワークポート:ITに強い転職エージェント。プログラミングやWebマーケティングの求人が多いですね。

※どれも登録無料です。

なお、「正直興味のある業界とかあまりないな」という人は、とりあえずIT企業を目指すと良いです。

スキルでいうなら、プログラミングかWebマーケティングのスキルですね。

この2つのスキルは少し身につけるのが大変ですが、特に自分の身になるスキルなので、とてもおすすめです。実際に僕の持ってるスキルも、プログラミング×Webマーケティングのスキル(知識)です。かなり役に立っています。

転職準備②:求人の内容に書いてあるスキルを身につける【3か月】

求人で仕事に必要なスキルを確認したら、働きつつ、スキルを身につけていきましょう。

本・動画・アプリ・スクール、なんでもいいです。好きな方法でひたすら独学します。

働きながらの勉強なので、正直辛いですが、将来への投資だと思ってがんばりましょう。ここでサボると、未来の自分が困ります。

なお、僕はここでプログラミングのスキルを身につけることにして、独学しました。独学の方法は以下にまとめています。

>>【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

2018.09.20

ただ、プログラミングの独学は正直辛いので、貯金にある程度余裕があるならスクールに通うのもアリです。モチベーションをスクールに管理してもらうのは、かなり賢い選択だと思います。

>>【現役エンジニアが勧める】おすすめのプログラミングスクール3つ【厳選】

【現役エンジニアが勧める】おすすめのプログラミングスクール3つ【厳選】

2018.09.18

独学する期間は3か月に決め打ちしましょう。これは体感ですが、2か月だと短すぎ、4か月以上は長すぎだからです。

このスキル習得期間にどれだけ本気を出せるかで、転職後の働きやすさがかなり変わってきます。必死にやれば、必ず良い結果が出ます。

転職準備③:働きつつ、転職活動をする

3か月の間、必死になってスキルを身につけたら、働きつつ転職活動をします。

大事なのは、あくまでも「働きつつ」転職活動をすること。

僕は仕事を辞めたあとに転職活動を始めたのですが、北海道から東京に引っ越したのもあり、貯金がすごい勢いで減ってかなり辛かったです…

メンタルは行動に出ます。働きながらの勉強・転職活動は辛いですが、転職は「痛みを伴う改革」なので、受け入れましょう。

なお、退職する日と再就職する日は1か月ほど開けておくと、だいぶゆっくりできるのでおすすめです。しばらく働いてから少しニート生活をすると、心に良いです。

転職とは、過去の自分と決別すること

文章にするとあっさりしてますが、転職することを決めてから実際に転職するまでは、なかなか大変です。たぶん、ざっくり4か月から半年くらいはかかるのではないかなと思います。

ときに挫けそうにもなりますが、そんな時は「ダラダラと働き続けている自分」を想像すると怖くなって、勉強する気になれます。

過去の自分を捨て、生まれ変わるつもりで取り組むと、モチベーションの炎は絶えません。

20代の転職は、どれだけ準備するかで働きやすさが変わる

20代の転職は、どれだけ準備するかで働きやすさが変わる

20代の転職は、転職の経験がない状態からのスタートです。

たぶん、友人や知り合いの間でも、20代で転職してる人は少ないですよね。20代の転職はリスクがあると思われているからです。

とはいえ、スキルを身につけるなどして、しっかり準備しておけば特に心配はいりません。

スキルを身につけると、主体的に働きやすくなる

ここまでで、散々「スキルを身につけること」を強調していますが、それだけの理由があります。

というのも、自分のスキルを活かせる環境だと、ポジティブな気持ちで働けるからですね。

実体験からいえる、スキルを身につけて働くことのメリットは以下の3つです。

  1. 主体的に働ける
    ⇒ スキルがないとできない仕事がある
  2. 裏付けのある仕事ができる
    ⇒「〇〇なので、△△した」という説明ができる
  3. 自信がつく
    ⇒ 辛い勉強を乗り越えたという背景がある

見てわかるとおり、メリットだらけですね。

スキルという裏付けはやはり強いです。ある意味、転職前に次の仕事に取り組んでいるわけなので、仕事への意識が変わってきます。

「働きづらい」「キャリアが不安」と思いながら働くより、よっぽど自分のためになりますよね。

とはいえ、行動しないと何も始まらない

ここまでの説明を見て、「やることが多くて大変そうだ」と感じるかもしれません。

ただ、主体的に動くか、そのまま流され続けるかで、1年後の未来はかなり変わってきます。

日々の不安や不満はすべて自分のもの。取り除けるのはただひとり、あなただけです。

行動しないと何も始まりません。明日からでは遅いです。ぜひ今日から始めましょうm(_ _)m

おすすめの転職エージェント

  1. DODA:最大級の転職サイト。カウンセリングが親切で、転職者満足度No.1。
  2. リクナビNEXT:定番のリクルート。転職先の選択肢が多いです。
  3. ワークポート:ITに強い転職エージェント。プログラミングやWebマーケティングの求人が多いですね。

※どれも登録無料です。

なお、何か不安なことがあれば、TwitterのDMで聞いていただければ答えますのでお気軽にどうぞm(_ _)m

Twitter:@icedog_410

スポンサーリンク
スポンサーリンク