【真実】公務員を辞めるのはもったいないという考え方がもったいない

元税務職員の氷犬です。

公務員を辞めようか悩んでる人
公務員として働いてるけど、このまま続けることに疑問を感じてます。
でも、せっかく公務員になったんだし、辞めるのはもったいないという気もする。
周りの人もそう言ってくるけど、公務員を辞めるのは本当にもったいないんだろうか…

こんな悩みの声に応えます。

 

この記事の内容

  1. 「公務員を辞めるのがもったいない」という考え方は間違いです
  2. 公務員を辞めても将来不幸になるわけじゃない
  3. 収入の不安はスキルを身に付けて解消しよう

僕は先日税務署を辞めてきたので、その時に考えたことを書きます。

ちなみに公務員に限らず、大手企業に勤めていて辞めたいと思っている人にも参考になる記事かなとm(_ _)m

-スポンサードサーチ

「公務員を辞めるのがもったいない」という考え方は間違いです

結論から言うと、公務員を辞めるのはもったいなくないです。

たぶん、「公務員を辞めるのがもったいない」という考え方は、安定とかボーナスとかそういう言葉が裏にチラついてるんだと思います。

公務員が割と安定するのは否定しませんが、そういう考え方は割とキケンですね。

 

公務員を辞めるのがもったいない、その考え方ってどこから来るんでしょうか。考えてみました。

公務員には給料・ボーナス・福利厚生・将来の安定がある?

公務員は毎月同じ給料をもらえますし、ボーナスも半年に1回それなりにもらえます。

また、介護や育児の休暇制度もありますし、将来年金がそこそこもらえるみたいです。

 

ただ、給料とか福利厚生が充実してるってだけで、人生が安定してるわけではないと思うんですよね。

身体を壊して働けなくなる可能性もあるし、うつ病になることもある。

「公務員を辞めるのはもったいない」という考え方は、どうもメリットばかりを見すぎてる気がします。

公務員は副業禁止・スキルが身につかないなどのデメリットがある

公務員は給料が国から支払われるので、倒産や給料が支払われないということがありません。

そういう意味では安定してますが、一方で副業禁止というデメリットがあります。

ブログ・クラウドソーシング・ライティングなど、個人でお金を稼ぐハードルが低くなりつつある今、副業禁止は相当なデメリットです。

 

また、公務員の仕事は公務員だけのものなので、職場の外で使えるスキルが身に尽きません。

もし、途中で辞めたいと思っても転職で不利なので、年々仕事を辞めるハードルが上がるんですよね。

これは公務員に限らず、大手企業でも同じかと思います。

働けば働くほど組織に依存せざるを得なくなる

公務員は安定してると言いながらも、結局は組織に依存してるだけなんですよね。

たとえば、40代で急に公務員を辞めて稼ごうと思っても、稼ぐ力がすぐに身に着くわけはありません。

モノも作れない、マーケティングもできない、なら何ができるんでしょう?

 

自分の力で稼ぐスキルが身につかないのは、安定とやらの代償かなと思います。

公務員の待遇も今後悪くなる可能性もありますし、組織に依存する生き方はキケンですよね。

「公務員は安定している」、その考え方はすごく危ないです。

公務員を辞めても将来不幸になるわけじゃない

別に公務員を辞めてもすぐに死ぬわけではないですからね。

若いうちなら何でもできますし、公務員を辞めるのも選択肢としてはアリだと思います。

「自分は一生公務員としての役割を果たす!」という志が高い人なら別ですけど、なんとなく公務員であり続けるのは微妙ですね。

 

僕の感想ですが、公務員は公務員になりたくてなってるので仕事にやる気が無い人がすごく多いです。

まさに組織にしがみ付いて生きているという感じ…

公務員はどこまで行っても公務員でしかない

先日、こんなツイートをしたところ結構な反響がありました。

 

公務員は国という看板を背負って仕事をするので、良くも悪くも自分の名前が表には出ません。

どれだけ仕事をしても決して自分の成果が表には出ないんですよね。

落合陽一さんは『10年後の仕事図鑑』で、このことを「自らのポートフォリオマネジメントにおける時間の消失」と言っていました。

created by Rinker
¥1,400 (2018/12/12 00:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

結局のところ公務員はどこまで行っても公務員でしかないのです。

少なくとも僕はそんな人生は少し寂しいなと思います。

-スポンサードサーチ

収入の不安はスキルを身に付けて解消しよう

ただ、公務員を辞めても収入が無くなったら生きていけません。

「辞めたくても辞められない…」、そんな気持ちは十中八九が収入の心配から来ているはずです。

勢いでやめたはいいけどお金が稼げなくて借金生活…では笑えませんからね。

 

僕も公務員を辞めましたが、あらかじめ収入に繋がるようなスキルを身に着けようと思ってプログラミングとブログを始めました。

収入源①:プログラミングスキル

このブログでも度々プログラミング学習の記事を書いていますが、プログラミングはすごくおすすめです。

公務員でプログラミングをする機会なんて皆無ですが、現代においてプログラミングスキルは一種の基礎教養みたいなものです。

身に着けておけばエンジニアになる道が開けますし、エンジニアでなくても身に着けておいて損はありません。

 

「何から始めたらいいんだろう?」という疑問にはこちらの記事が参考になるかなと思います↓

収入源②:ブログ

プログラミングと同じくらいブログを始めるのもおすすめです。

プログラミングはザ・仕事のイメージですが、ブログはコツコツ積み上げる投資みたいなイメージですね。

すぐに収益に繋がるわけではないですが、長い目で見ると収入を下支えしてくれるいい事業だと思います。

 

また、ブログはライティング・Webマーケティングスキルを磨けるというメリットもあります。

商売の本質は「モノを作って、売る」ですが、ブログは「モノを売る」ためのマーケティングを学べる手軽な事業です。

ハードルも高くないので、軽い気持ちで始めちゃってもいいんじゃないでしょうか。

 

なお、ブログの始め方・稼ぎ方については、マナブさんのmanablogがすごく参考になるのでオススメです。

プログラミングとブログを始める人へ最後のひと押し

当ブログのスポンサーでもあるマナブさんが素晴らしいツイートをされていたので、シェアして最後のひと押しにしたいと思います。

公務員として組織から安定をもらうか、自分の力で安定させるか。

 

あなたはどっちの安定を取りますか?

僕は自分の人生なので、自分の力で変化に対応しつつ、安定した人生を歩みたいと思います(^_^)

 

関連記事:
【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

関連記事:
【元税務職員が勧める】おすすめなプログラミングスクール3つ【厳選】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA