公務員を辞めるなら20代のうちに決断するべき理由【時間は有限】

公務員を辞めるなら20代のうちに決断するべき理由【時間は有限】

こんばんは、氷犬です。

20代の公務員の人

20代の現役公務員です。

公務員になったはいいけど、思っていたイメージと違っていて、日々もやもやしながら過ごしています。

辞めるなら早い方がいいんだろうけど、勇気が出ません…。一体どうしたら良いでしょうか?

公務員を辞めようかどうか悩む理由はわかりますが、もやもやしているなら20代の早いうちに辞めるべきです。

20代ならいくらでもやり直しが効きますし、あえて辞めるのを遅らせて選択肢を狭める理由はありません。

 

そこで、この記事では、「公務員を辞めるなら20代のうちに決断すべき理由」と「辞める前の準備」について、実体験をもとにまとめています。

この記事の内容

  • 公務員を辞めるなら早い方が良い【20代は貴重】
  • 公務員を辞めても20代ならいくらでも再スタートを切れる
  • 公務員を辞める前の準備は「スキルを身につけること」

なお、この記事を書いている僕は23歳で5年間勤めた税務署を辞めておりまして、辞めるときに考えていたことをまとめた感じです。

また、たまに現役公務員の方からメールで相談をいただくこともあるので、今まさに公務員を辞めようか悩んでいる方の参考になるかなと思いますm(_ _)m

-スポンサードサーチ

公務員を辞めるなら早い方が良い【20代は貴重】

公務員を辞めるなら早い方が良い【20代は貴重】

結論からいうと、公務員を辞めるなら圧倒的に早い方が良いです。

理由は単純で、20代ならやり直しのリスクがほぼゼロだからですね。

辞めようかどうか、もやもやと悩んでいる時間は辛いですし、何も身にならないのでとてももったいないと思います。

一度持った不満は一生抱え続けることになる

「公務員になったはいいけど、なんとなく想像していたのと違う」という気持ちを抱える人の思考は、以下の2パターンです。

  1. なんとなく違うけど、こんなものかと割り切る
  2. なんとなく違うから、辞めることを考える

①なら公務員を続けることに若干ポジティブですが、②は公務員を続けることに対してネガティブですよね。

「なんとなく割り切れない気持ち」を一度覚えると、もう忘れることはできません。どこか心に引っかかり続けて、少しですが着実にストレスになっていきます。

僕も半年くらいもやもやと「公務員を辞めようか」と悩んだのですが、悩み自体がストレスになり、結局辞めることになりました。

公務員を続けていると視野が狭まる

僕は5年間税務署で働いていたのですが、今となっては、かなり狭い世界で生きていたなと感じています。

どうしても公務員の仕事はルーティーンワークになりがちで、部署が同じだと毎年同じ仕事をすることになるんですよね。時代の流れに左右されない仕事が多く、外からの刺激を受けにくいと思います。

ひとつ聞きたいのですが、公務員の仕事をしていて「時代」についていけている感覚はありますか?

別にディスるわけではないのですが、公務員だった僕は「変わり映えない日々が続いている」と日々感じていました。時代は動いているのに、自分は止まっているような感じです。

若さは何よりの財産である

公務員を辞めるなら20代が良い一番の理由は、「若い時間をもやもやとした悩みを抱えながら消費するのがもったいないから」です。

「何か違う」という気持ちで仕事をしているなら、何かを変える必要があるはずです。仕事か、もしくは仕事に向かう気持ちか。

決断をあと伸ばしにすると、それだけ「若さという財産」を消費することに繋がります。

仕事を辞めるかどうかという決断は大きなものですが、どうせ答えを出すなら早い方が良いです。

公務員を辞めても20代ならいくらでも再スタートを切れる

「公務員を辞めるなら早い方が良い」とはいえ、公務員を辞めることに抵抗感がある人は多いと思います。

具体的には、「次の仕事はどうしよう」という不安ですね。

僕自身が公務員を辞めているからいえるのですが、次の仕事は余裕で決まります。なぜなら、若い人にはいくらでもポテンシャルがあるからです。

元公務員という経歴は若干苦しい印象はあるものの、20代なら全然気にならないレベルかなと思います。

20代は問題ないけど、30代になると若干厳しい

若さは財産であり、ポテンシャルでもありますが、30代になってから辞めると別業界への転職は厳しくなってきます。

僕は20代で転職したので、実際に体験したわけではないものの、公務員を辞める決断を後回しにしているのは事実なんですよね。

決断を後回しにして困るのは自分なので、どうせ辞めるなら早いうちに決めておいた方がいいと思います。

公務員を辞めたところで問題なんてない

とはいえ、「公務員を辞めても大丈夫か」と、つい不安になりますよね。

結論からいうと「公務員を辞めてもまったく問題ない」です。

もちろん、面接では「なぜ辞めたのか」を聞かれましたが、僕が素直に「公務員という働き方に疑問を持った」と答えたら、「珍しいけど、おもしろいね」と言われました。

面接も無事通りましたし、要は「自分なりの考えがあるかどうか」が大事ですね。

-スポンサードサーチ

公務員を辞める前の準備は「スキルを身につけること」

公務員を辞める前の準備は「スキルを身につけること」

ここまで「公務員を辞めるなら早い方がいい」と説明してきましたが、とはいえ、何の見通しもなく辞めることはNG。

よほど現状が辛いなら別ですが、まずは、キャリアや生き方について考えたうえで、ビジネス思考とITスキルを身につけるのをおすすめします。

公務員を辞める前にキャリアや生き方を考えると良い

また自分語りで申し訳ないですが、僕は公務員を辞めるにあたって、「自分はこの先どうしていきたいか」を割とまじめに考えました。やりたいことを100個書き出してみたり、行ってみたいところを想像したり。

仕事を辞めるのは少し勇気がいることなので、まずは自分の本心と向き合うのが良いかなと思います。

「別に公務員を続ける必要はない」とまで思えたら、次はビジネス思考とITスキルを学びましょう。

学ぶべきはビジネス思考とITスキル

ざっくりした説明ですが、ビジネス思考とは、「お金を稼ぐという考え方のこと」ですね。

個人的に「公務員はお金を稼ぐことへの関心が薄い」と感じており、辞める前に民間企業よりの考えに自分を寄せておいた方が良いと思います。

あとは、稼ぐためのITスキルを身につけましょう。具体的には、プログラミングかWebマーケティングのスキルです。

中途半端に変な資格を取るのはおすすめしません。資格を取るだけでは稼げないので、どうせ勉強するならITスキルの方がコストパフォーマンスは高いです。

特にプログラミングはおすすめ

プログラミングかWebマーケティングのスキルを身につけるのがおすすめな理由は、未経験可な会社が多く、自分で稼ぐ力にも繋がるからです。

3か月ほど勉強する必要はありますが、たった3か月を投資するだけで、その後が格段に働きやすくなります。

特にプログラミングは時代の流れにも合っていますし、コスパの良いスキルなので、僕はプログラミング学習を推しています。

 

キャリアとしては、「プログラミングを独学⇒会社に就職⇒年収を上げていくorフリーランスとして独立する」というイメージですね。

要するに「自分の力で稼ぐためにITスキルを身につけよう」ということです。少なくとも僕は税務署で働いていた時より、今の方が人生を楽しめています。

プログラミングの学習方法については、【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】で解説しているので、まずはざっと目を通してみて、実際に手を動かしてみてください。

行動すればいくらでも自分の人生は変えられる

仕事を辞めたりスキルを身につけたりと、最初は少し大変かもしれませんが、「人生を変えよう」と思って取り組むと本当に人生が変わりますよ。

どうせ公務員を辞めるなら、とことん振り切って行動してみるのがベスト。まずは行動あるのみです。

何か不安なことがあれば、お問い合わせフォームかTwitter(@icedog_410)のDMなどでご相談いただければ、相談に乗りますので遠慮なくどうぞm(_ _)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク