プログラミングの効率的な学習方法と手順を5ステップで【ゼロから】

こんにちは、元税務職員でWeb系エンジニアの氷犬です。

プログラミングを効率よく学習したい人
プログラミングを効率的に学習したい。
でも、調べてみるとスクールに通うとかProgateを使うとか、いろんな情報があってプログラミングを始められないなぁ。
いまいちプログラミングを効率的に学ぶ方法がわからないんだけど、効率の良い方法って本当にあるの?

結論から言うと、プログラミングを効率よく学ぶ方法はあります。

ただ、最初から効率を求めすぎるのもNGです。

 

この記事では、①プログラミングを効率よく学ぶ方法と②効率を求めすぎるとダメな理由を紹介します。

この記事の内容

  1. プログラミングを効率良く学習するには【学習の順番】
  2. プログラミング学習に効率を求めすぎるとダメな理由
  3. 軌道に乗るとプログラミング学習の効率が良くなる

僕は完全独学でWeb製作を学んでおりまして、現在まで挫折することなくプログラミングを続けられていますので、参考になるかなと思いますm(_ _)m

プログラミングを効率良く学習するには【学習の順番】

プログラミングを効率良く学習するには【学習の順番】

プログラミングを効率よく学習するためには、学習の順番がとても大事です。

プログラミングを効率よく学ぶための5ステップ

  1. まず初めてみる:プログラミングに触れる
  2. 何をしたいか決める:言語選び
  3. 基礎学習をする:土台を固める
  4. 慣れたら自分で何か作ってみる:ポートフォリオ
  5. 就職するor案件を受注する:実践する

この5ステップで間違いないかなと思うので、内容を詳しく解説していきます。

①まず初めてみる【プログラミングに触れる】

プログラミングを学ぶためには、とりあえずプログラミングに慣れることが大事です。

何の言語がいいとか効率よく学ぶ方法とか、そういう考えは一旦抜きにしてコードを書いてみましょう。

目的があるなら、言語や学習方法を決め打ちしてもいいのですが、「プログラミングってよくわかんないよ」という人はまずやってみることですね。

 

とりあえずでプログラミングを始めるなら、ブラウザでコードが書ける学習サイト「Progate」がおすすめです。

HTML/CSS・JavaScript・Rubyなど、コースがいろいろありますが、どのコースでもいいと思います。

余計なことは考えず、「とりあえず始める」のが大事です。

プログラミングを始めるなら『Progate』がおすすめ。楽しくコードが書けるプログラミング学習サイト

2018年4月23日

②何をしたいか決める【言語選び】

Progateである程度プログラミングをしてみて、「なんかイケそう」と感じたら、何のためにプログラミングを学ぶのかを考えましょう。

プログラミングは問題解決の手段であって、目的ではないです。

学んだところで使い道がなければ意味がないし、学習のモチベーションも続きません。

 

プログラミングを学ぶ理由と、対応する言語はこんな感じかなと思います。

プログラミングの目的と言語

①Web製作がしたい・フリーランスになってノマド生活がしたい

⇒ HTML/CSS/Bootstrap/JavaScript/jQuery/PHP など

②Webサービスが作りたい・ベンチャー企業で働きたい

⇒ HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/Swift など

ここで挙げた言語は一例です。

何がしたいかによって向いている言語が違うので、「Web製作」とか「Webサービス」みたいな単語で検索してみるといいと思います。

 

なお、僕はWeb製作を仕事にするためにプログラミングを学んでいます。

なぜ、HTML/CSS/PHPが必要なのかについては、こちらの記事に書いていますのでどうぞ↓

【初心者向け】Web製作をする上で学ぶべきプログラミング言語【図解あり】

2018年6月20日

③基礎学習をする【土台を固める】

プログラミングを学ぶ理由と、勉強する言語を決めたら基礎学習を始めます。

正直ここが一番つまらないし長く感じるのですが、何事も基礎が大事なので耐え忍ぶ時期かなと。

 

なお、どんな道を選ぶにしろ最初はHTML/CSSから入るのがいいと思います。

HTML/CSSは簡単だし、スタートダッシュを切るという意味でおすすめですね。

⇒ HTMLとCSSを独学するための3ステップ【初心者OK】

HTMLとCSSを独学するための3ステップ【初心者OK】

2018年8月9日

 

基礎学習で使う教材は以下のとおりです。

基礎学習で使えるツール

  1. プログラミング学習サイト⇒ProgateドットインストールUdemy
  2. 書籍⇒プログラミングの本(カテゴリー)

 

「ダラダラやってもしょうがないし、短期間でサクッと学びたいな」という人は、プログラミングスクールに通うのもアリですね。

なんだかんだ人間ダラけがちなので、やる気と環境をお金で買うイメージです。

おすすめのプログラミングスクール

④慣れたら自分で何か作ってみる【ポートフォリオ】

「プログラミングにはかなり慣れたな」「なんとなく教材が減ってきたな」と感じたら、実際に自分で何か作ってみましょう。

ランディングページを写す・Webサイトを作る・アプリを作るなど。

 

基礎学習はつまらないですが、もの作りは割と楽しいし、かなり勉強になります。

僕が初めてゼロからコードを書いた時のことは、記事にしていますので参考までに↓

【画像あり】はじめてのランディングページ模写【プログラミング学習記録④】

2018年6月9日

 

いくつか自分で作ってみたら、ポートフォリオとして1サイトにまとめましょう。

「このページを見せれば自分が何をしてきたかわかる」くらいまで情報を詰め込むのがいいですね。

⑤就職するor営業をかける【実践する】

自分が作ったものをポートフォリオとしてまとめられるようになったら、あとは実践あるのみです。

IT企業に就職するか、フリーランスとして営業をかけるかの2択。

 

個人的な意見ですが、コードを書けるだけではどこかで詰まると思うので、流れを覚える・業界の知識をつけるという意味で就職するのがいいかなと。

CodeCampでエンジニアに転職する 

 

営業については、まだ僕自身の実践経験が浅いので、いずれブログ記事にしたいと思いますm(_ _)m

代わりにといってはなんですが、バンコクのエンジニアチーム「iSara」のメンバーをフォローすると、有益な情報が得られるのでおすすめです。

iSaraメンバーのTwitter

  • ふるさん:iSara3期。Twitterの発信が有益・激ウマです。
  • ちづみさん:iSara2期。イラストを活かした発信がすばらしいです。
  • マナブさん:iSaraの運営チームの一人。発信する情報がすべて有益すぎるので、manablogも合わせて毎日チェックしましょう。

 

少し長くなってしまいましたが、効率よくプログラミングを学ぶ方法は以上です。

-スポンサードサーチ

プログラミング学習に効率を求めすぎるとダメな理由

できることなら効率よくプログラミングを学びたいですが、効率を求めすぎるのはNGです。

残念なお知らせですが、プログラミング学習はなんだかんだ時間がかかります。

ただ、一般的な資格を取るよりかは、いくらか楽な程度かなと。

 

プログラミング学習に効率を求めすぎると挫折します。

理由は以下の2つ。

①最初から楽することを考えてしまう

はっきり言って、プログラミングの学習は大変です。

学習の過程は、「わからないなりに一生懸命やる⇒苦労したことを効率化する」のループ。

この「わからないなりに一生懸命やる」のが結構大事で、この苦労を避けたい人が多いのかなとTwitterなどを見ていて思います。

 

プログラミングに限らず、知らないことを勉強することには苦労が付き物。

ゼロから知識を取り込むのは辛いですし、やめたくなることもあります。

その基礎学習の期間をいかに辛抱強く乗り越えるかがカギです。

 

つい「プログラミングを身に付けたいけど、苦労するのはイヤだな」と考えたくなりますが、正直最短ルートはないです。

楽したいと考えることなく、少しずつコツコツが重要だと思います。

②コードを書かない理由を探し続けてしまう

コードを書かないと、プログラミングを覚えることはできません。

僕もそうでしたが、コードを書くのはめんどうなので、できるだけ書かずに学びたくなります。

しかし、本を読んだり動画を見たりしても、手を動かさないと頭に入ってこないんですよね…

 

プログラミングに挫折する人は、コードを書きたくなくて挫折するのかなと思います。

繰り返しになりますが、プログラミングはコードを書かないと覚えられません。

コードを書きたくないからといって「効率の良い勉強方法」を調べ続けると…、プログラミングをやめることになります(-_-;)

 

コードを書かざるを得ない状況に自分を追い込むという意味でも、Teck Academyなどのプログラミングスクールはいいかもしれません。

人それぞれ学習方法には向き不向きがある

「プログラミング 始め方」とかで調べると、スクールがいいとかProgateがいいとか本がいいとか、いろんな学習方法が出てきます。

人によっては、動画学習をおすすめするかもしれません。

 

ただ、スクールでやる気が出る人・動画学習が好きな人など、いろんな人がいます。

結局のところ、試してみないことには最適な学習方法がわからないんですよね。

「ネットでおすすめされていた本を買ったけど、イマイチ合わなかった」ということも十分ありえます。

 

あんまり人の意見を気にしすぎずに自分の好きなようにやるのが、プログラミングを続けるコツかもしれません。

もちろん、「比較的効率の良い方法」はあるので、自分で学習方法を調べるのは大事ですね。

軌道に乗るとプログラミング学習の効率が良くなる

軌道に乗るとプログラミング学習の効率が良くなる

プログラミング学習をしていて一番辛い期間は、「自分が何をしているのかわからない時」です。

  • 「Progateで言われたとおりコードを書いているけど、コードの意味がわからない…」
  • 「本を買ったけど、説明が少なくて理解できない…」

特にプログラミングの本の内容が理解できないのは、プログラミング学習あるあるですね。

 

ただ、わからない部分がはっきりしているなら、あとは調べればOKなので問題ないです。

コードの書き方や仕組みを暗記する必要はなく、見て理解できる程度なら十分かと思います。

慣れてくると、コードをゼロから書くことが少なくなるので、最初はひたすら前に進むことを考えましょう。

軌道に乗るためには、とにかく時間をかけること

最初は何もわからなくて当たり前です。

僕もよくわからないまま、RubyやPythonに手を出してみたり、手当たり次第に本を買って見たりしました。

ただ、その経験はあとになって全部役に立っています。

 

プログラミング学習はポイントで覚えることが多いですが、いずれその点が線となって繋がります。

効率のいい学習方法はありますが、結局のところ、プログラミングは時間をかけた分だけ上達します。

辛い期間を乗り越えたら段々と楽になるので、ぜひ信じてプログラミングを続けてみてください。

辛い期間を乗り越える手段としてのスクールはおすすめ

なんとなくプログラミングスクールに通っても意味は薄いですが、「辛い期間を乗り越える手段」としてスクールを活用するのはおすすめです。

わからないところを聞くなど、講師(メンター)に頼れるのは大きなメリットですね。

 

プログラミングの学習方法には、人それぞれ向き不向きがあるので、1度スクールのシステムを見てみるのも悪くないかなと思います。

 

【元税務職員が勧める】おすすめなプログラミングスクール3つ【厳選】

【現役エンジニアが勧める】おすすめのプログラミングスクール3つ【厳選】

2018年9月18日
スポンサーリンク