公務員の仕事でスキルは身に着かない。自ら学ぶ姿勢を持とう!

こんばんは、元税務職員の氷犬です。

 

先日、「公務員として働くことのデメリット」について考える機会がありました。

 

ツイートの趣旨としては、

  • 公務員は「働かない」のが正解
  • 公務員として働いても役立つスキルは身につかない
  • 転職するなら何かしら勉強しておこう

というものです。

 

この記事では、元税務職員の僕が感じた「スキルの重要性」についてまとめました。

この記事の内容

  • 公務員にスキルが身につかない理由
  • 公務員として働くと仕事の選択肢が狭くなる
  • 余暇の時間でスキルを身に着けよう!

公務員にスキルが身につかない理由

公務員の仕事は、主に事務仕事です。

エクセルやワードで書類を作成したり、上に報告するために情報をまとめたりします。

 

エクセルやワードを使うとはいっても、簡単な文書作成・計算ができればOKで、複雑な関数やマクロを使う必要はありません。

上からの指示がそもそも効率的でないので、多少効率的にしたところで大きく結果が変わることがないからです。

 

また、公務員は頻繁に人事異動が行われるため、要求されるスキルの専門性は高くありません。

次に何の仕事をするのかわからないのに、自分の時間を削ってまでスキルアップに励む人は珍しいですよね。

 

そもそも公務員の仕事は「利益を挙げるための仕事」ではありません。

行政サービスを公平に運営することが目的なので、その過程に利益競争などの概念はなく、特別なスキルで競合を出し抜く必要もない。

 

最近は、SNSや自社サイトなどのオウンドメディアを利用したWebマーケティングがほぼ必須のスキルになっています。

Webマーケティングには、マーケティング・プログラミング・デザインのスキルが必要です。

 

しかし、公務員はWebマーケティングとは縁遠い仕事なので、マーケティングなどスキルを身に着ける意味がありません。

広報の仕事をすることもありますが、「頑張った感を出せばOK」という謎仕様になっています笑

公務員に資格は必要ない

スキルといえば、資格を持っていることも一種のスキルと言えるでしょう。

しかし、公務員は試験に受かれば採用されるだけなので、特別な資格は必要ありません。

 

たとえば、税務署であれば一般的に「日商簿記2級」を取るように勧められますが、持っていないからといって給料が減ることもないです。

仮に資格を持っていても「ふーん」と思われるだけで給料が上がるわけでもなく、資格の勉強をするモチベーションも沸いてきません。

-スポンサードサーチ

公務員として働くと仕事の選択肢が狭くなる

もし、あなたが20代・30代前半であれば、辞めても何とか転職することが可能でしょう。

しかし、40代・50代となってくると、ろくにスキルがないため転職することもできません。

 

もちろん、公務員はまずクビになりませんが、「別の仕事がしたい!」と考えたときには「スキルがないので採用できません」と言われる可能性は高いです。

日頃利益を挙げることを意識するわけでもないので、俗にいう「マーケット感覚」も身に尽きません。

 

商品の売り方、お金の稼ぎ方がわからないと豊かな人生を歩むことは難しいでしょう。

余暇の時間でスキルを身に着けよう!

僕は「お金を稼げない人」になるのが怖くて、とりあえず公務員を辞めることにしました。

特にスキルがあるわけではないので、今必死になってスキルを身に着けようと動いています。

 

たとえば、これからの時代はこんなスキルが役に立つのではないでしょうか。

 

スキル①:プログラミング

プログラミングと聞くと難しい印象を受けますが、簡単に言うとプログラミングはモノづくりのスキルです。

WebサイトやWebサービスを作ったり、いわゆる商品を作るためのスキルですね。

 

僕もプログラミングを独学して、転職に成功しました。

独学の方法を【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】にまとめましたので、ぜひ見てみてくださいd(^_^o)

スキル②:ライティング・Web運営

現在、誰もがスマホを当たり前に持ち、インターネットに触れるようになりました。

今見ていただいているこのブログもWebサイトの1つですし、自分の考えを発信できるメディアを持ち、運営することは大事になってきます。

たとえば、「あなたはこれまでどのような活動をしてきましたか?」という質問に自分のメディアを提示することが回答になります。

 

文章を書き、発信する。

たったこれだけですが奥深く、重要なことです。

 

ライティングとSEO・マーケティングなどのWeb運営のスキルは身に着けておいて損はありません。

ぜひ、SNSやブログを活用して発信してみませんか?

 

ちなみにブログを始めるのであれば、ヒトデさんがとても親切に解説されているので参考にしてみてください(^_^)

この記事は特にオススメです! 始める前に見たかった…

-スポンサードサーチ

考え方やスキルを身に着ける上で参考になった本

金持ち父さん貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

最近買った本なのですが、資本主義やお金に対する価値観、ビジネスについてよくまとまっていて良書だと思いました。

具体的なノウハウというよりかは、考え方に重点を置いた「哲学の本」ですが一読の価値ありです。

Kindleがなく単行本のみ、少し値も張りますが読んで絶対に損はしない1冊です!

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

音楽メディア「ナタリー」の編集長がライティングスキルについて書かれた本です。

ライティングに対する考え方・ノウハウが「これでもか!」というぐらい凝縮されています。

なんとなく文章を書いているだけでは身につかないライティングのポイントがわかりやすく理解できます。

 

ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議

コピーライティング業界の第一線で活躍されてきた小霜さんが、コピーライティング・マーケティングについて説いた本です。

「売りたい商品を変えることなく、価値を高める」。

そんな魔法のようなスキルの極意が学べ、マーケティングに役立ちます。

値が張るのですが、月額980円のKindle Unlimitedに加入すると読み放題になるので、この機会に加入してもいいかもしれないですね!

「スキルが身につかない公務員」についてのまとめ

  • 公務員は専門性が低くスキルが身につかない!
  • 他の仕事がしたいなら自らスキルを身に着けよう!
  • プログラミング・ライティング・Webマーケティングのスキルはおすすめ!

 

関連記事:
【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA