【すぐできる】検索結果で上位を狙うためのSEO対策の基本【5つだけ】

こんばんは、氷犬です。

Webサイトやブログにアクセスを集めるために必要なSEO対策の基本的な方法をまとめました。

具体的には、僕が「記事を書くときに意識して行っているSEO対策」です。

 

ちなみに当ブログのPVは半年で月30,000PVほど。

PVとしてはそこまで多くないのですが、狙ったキーワードで上位を取れているものがあるので、SEO対策の方向性としては間違ってないと思います。

上位を取れているキーワードについては、こちらです↓

SEO対策で上位を取れているキーワード一覧

この記事の内容をひととおり実践すれば、いくつか上位を取れる記事が出てくるはずです。

この記事では「SEO対策の方法なんて全然わからないよ」という方向けに、SEO対策の基本をわかりやすくまとめましたm(_ _)m

この記事の内容

  • 上位を狙うために必要な最低限のSEO対策【5つだけ】
  • SEO対策をしても内容がイマイチだと上位は取れない

-スポンサードサーチ

上位を狙うために必要な最低限のSEO対策【5つだけ】

上位を狙うために必要な最低限のSEO対策【5つだけ】

Googleの検索結果で上位表示を狙うためには、Googleのロボットが見ても人が見てもわかりやすいように、記事を整える必要があります。

いくら良いことが書いてあっても、記事の構成がイマイチだと読みにくく、結果的に上位表示もされないし読まれない記事になってしまいます。

「できるだけ読まれる記事にするためにはSEO対策が必要」というイメージですね。

 

すぐにできる最低限のSEO対策は以下のとおりです。

基本的なSEO対策5つ

  1. タイトル・見出しタグにキーワードを入れる
  2. 画像のaltタグに説明文を入れる
  3. 指示語を使わない
  4. ディスクリプションを設定する
  5. 知っていることをわかりやすく書く

上の内容をひととおり実行すれば、少しずつ検索結果の上位は取れるようになります。

それでは、具体的なやり方について解説していきますm(_ _)m

①タイトル・見出しタグにキーワードを入れる

記事を書くときに本当に最低限意識しなければいけないことは、「タイトルと見出しにキーワードを入れること」です。

読者は「Googleにキーワードを入れて検索する」ので、記事にタイトルと見出しにキーワードが入っていないと、そもそも辿り着くことができません。

 

たとえば、プログラミング学習にはシンプルな目標設定が大事【稼ぐためもOK】という記事は「プログラミング 目標設定」で1位を取っているのですが、タイトルと見出し(h2タグ)にしっかりとキーワードを入れています。

タイトルにキーワードを入れる見出しにキーワードを入れる見出しにキーワードを入れる具体例

多少不自然かもしれませんが、まずはGoogleのロボットに伝えるのが先なので、これくらい入れてしまって大丈夫です。

ちなみに見出しタグはh2からh6までありますが、最低限h2タグに入っていればOKかなと思います。

②画像のaltタグに説明文を入れる

記事の中で画像を使う場合は、画像のaltタグに説明文を入れましょう。

altタグとは、「画像の説明文」のことです。

現時点でGoogleのロボットは画像の意味を理解できないので、ロボットに伝わるように入れてあげるというイメージです。

 

WordPressでaltタグを設定するには、画像の「代替テキスト」に入力すればOK。

代替テキストでaltタグの入力ができる

なお、このブログは基本的に1,3番目のh2タグの下に画像を入れています。

ただ見た目を整えるための画像なので、h2タグに書いてある文章をそのままコピペして終わりです。

参考リンク:SEO最適化されたaltタグの書き方と具体例【altから被リンクが発生】| manablog

③指示語を使わない

記事を書くときに、「この」とか「その」などの指示語はできるだけ使わないようにしましょう。いわゆる「こそあど言葉」ですね。

 

理由としては、以下のとおり。

  1. 読み飛ばす時に文章の意味がわかりづらくなる
  2. Googleのロボットは基本的に指示語を理解できない

インターネット上の文章は全部読まれないのが当たり前なので、どの部分から見ても意味がわかるように、指示語を使わないようにしましょう。

④ディスクリプションを設定する

ディスクリプションとは、「ページの説明文」のことです。

検索結果では、こんな感じに表示されます(画像はディスクリプションを設定してないものですが…)

検索結果のタイトルとディスクリプション

「上位に表示されるかどうか」には直接関係しないのですが、説明文が書いてあると中身がわかりやすくクリックされやすくなります。

 

WordPressだとAll in One SEOやYoast SEOなどのプラグインを入れていると、記事ごとにディスクリプションが設定できて便利です。

僕はYoast SEOを使っているのですが、こんな感じで入力できます。

YoastSEOを使うとメタタグが入力できる

⑤知っていることをわかりやすく書く

ここまで「タイトル・見出しタグにキーワードを入れる」「指示語を使わない」というテクニック的な説明をしてきました。

しかし、最強のSEO対策は「知っていることを読者に向けてわかりやすく書くこと」です。

知っていることをわかりやすく書こうと思えば、自然とタイトルや見出しにキーワードは入りますし、指示語もできるだけ使わないはずですよね。

 

先ほど上位表示できているキーワードの画像を貼りました。

上位表示できているキーワード一覧

もちろん上位を取れるように狙って記事を書いたのですが、共通しているのは「知っていることをできるだけわかりやすく書いた」という点です。

まずは、読者に向けてわかりやすく書くことを心がけるのが一番大事ですね。

SEO対策をしても内容がイマイチだと上位は取れない

SEO対策をしても内容がイマイチだと上位は取れない

ここまででSEO対策の基本を5つ解説してきました。

SEO対策の基本

  1. タイトル・見出しタグにキーワードを入れる
  2. 画像のaltタグに説明文を入れる
  3. 指示語を使わない
  4. ディスクリプションを設定する
  5. 知っていることをわかりやすく書く

本来なら、「適切に内部リンクを貼る」とか「まとめ記事を作る」など、もう少し高度なSEO対策があります。

しかし、基本的なことができていないと応用も効きませんので、とりあえずは上の5つを意識して記事を書くことが大事です。

究極のSEO対策はわかりやすい記事を書くこと

ただ、いくらSEO対策をしても、内容がイマイチだと上位は取れません。小手先の対策で終わります。

たとえば、情報量が足りなかったり、説明や構成がわかりにくかったり。

最終的には⑤の「知っていることをわかりやすく書く」のが一番大事かなと思います。

 

Googleの最終的な目標は「検索エンジンを使ったユーザーが満足できる情報を得られること」なので、そのGoogleの理念に沿うような形で記事を書いていきましょう。

怪しい情報に惑わされず、読者の役に立つ記事を書けば、結果は後から付いてくるはずですd(^_^o)

スポンサーリンク
スポンサーリンク