スムーズなWeb制作に必要な3つのポイント【事前の準備が鍵】

Webエンジニアの氷犬です。

Web制作をしていると、クライアントから「なんとなくいい感じのWebサイトをお願いします」と言われることがあります。

 

しかし、「なんとなくいい感じ」という要望で作ったWebサイトは、絶対にいい感じにはなりません。

なぜなら、制作者とクライアントで好みや価値観が異なるからです。

制作者とクライアントの間で納得できるWeb制作をするためには、あらかじめイメージを共有し、担当範囲を決め、しっかりと疑問を解決することが必要になります。

 

そこで、この記事では、スムーズで良いWeb制作をするために必要なポイントをまとめました。

実際にWeb制作をして感じたことを素直にまとめたので、参考にしていただければと思いますm(_ _)m

この記事の内容

  • Web制作をスムーズに進めるポイント3つ
  • Web制作のポイントは担当範囲を決めておくこと
  • スムーズなWeb制作は良いWebサイトに繋がる

-スポンサードサーチ

Web制作をスムーズに進めるポイント3つ

Web制作をスムーズに進めるポイント3つ

Web制作をスムーズに進めるには、事前の準備が大切です。

特に大事なのは、次の3つのポイント。

Web制作をスムーズに進めるためのポイント

  1. 制作者とクライアントでイメージを共有する
  2. 作り始める前に担当範囲を確認する
  3. 疑問はしっかり解決する

順番に解説していきますm(_ _)m

①制作者とクライアントでイメージを共有する

「イメージを共有しておく」、Web制作においては、これが一番大事です。

具体的に共有しておくべきことは、以下のとおり。

  • Webサイトのコンセプトと用途
  • Webサイトの構造設計(サイト設計)

Webサイトを作るのは、Webサイトを作ることによって、何か達成したい目的があるからです。あくまでもWeb制作は手段。

ブランディングや売上アップなど、基本的にWebサイトの制作は、企業が成長するための投資の一部でしょう。

 

ただ、Web制作に詳しくないクライアントの依頼は「いい感じ」とか「スタイリッシュに」という、アバウトなものになりがちです。

そして、パッと見のイメージばかりが優先しがちで、肝心のコンセプトや使い方にまで意識を割ける人は珍しいと思います。

サイトの見た目は言い出したらキリがないので、「〇〇という理由で、こういうデザインにしました」とハッキリ説明できるよう、コンセプトや目的は事前に共有しておくべきです。

 

Web制作者の仕事は、サイトを作ることだけではありません。

クライアントの要望をできるだけ正確に聞き出し、その要望をWebサイトに落とし込むのも重要な仕事になります。

②作る前に担当範囲を確認する

制作を始める前に、担当範囲を確認しておくのも大事です。

Web制作に必要なものは以下のとおり。

Web制作に必要なもの

  • テキストの準備
  • 写真・動画素材の準備
  • サーバー・ドメインの管理

少し長くなるので、後ほど解説しますm(_ _)m

③疑問はしっかり解決する

事前にイメージを共有して、担当範囲を決めても、実際に制作を始めると「ここはどうするんだろう」という疑問がそれなりに出てきます。

Webサイトはあくまでもクライアントのために作るものなので、制作者の思い込みで作るのはやめましょう。

内容によっては、制作の経験から補える部分もあるかもしれませんが、大事だと感じた部分については確認しておきます。

 

なお、疑問点はひとつやふたつで収まらないと思うので、大枠を作った後に、全体のイメージとまとめて確認するとスムーズです。

人は細かいミスを許せないので、細かいところも注意深く仕上げていきましょう。

Web制作のポイントは担当範囲を決めておくこと

Web制作では、「担当範囲を決めておくこと」がとても重要です。少し長くなりそうだったので、後回しにしました。

Webサイトは、「大枠を作ってコンテンツを入れていく」という流れで作っていくのですが、「中身も入れてくれるんだろう」と思っているクライアントは意外と多いです。

「テキストは誰が考えるのか」「写真はフリー素材なのか、提供できるものがあるのか」など、担当範囲を決めておかないと余計なトラブルが生まれます。

Web制作の流れはフレーム設計とコンテンツ作成

Web制作の流れは、「大枠を作ってパーツをはめていく」ようなイメージです。

  • 大枠:サイト全体のイメージ・サイト設計
  • パーツをはめる:写真・動画・テキスト

全体の大枠を作るのもそれなりに大変なのですが、中身のコンテンツを埋めていくのもなかなか手間がかかるので、担当範囲は事前によく確認しておきましょう。

Webサイトのパーツはテキスト・写真・動画

Webサイトは、いろんなパーツでできています。

Webサイトのパーツ一覧

〇テキスト

  • タイトル
  • キャッチコピー
  • タグライン
  • ディスクリプション(説明文)

〇写真

  • トップページ
  • 下層ページのアイキャッチ・差し込み用

〇動画

  • トップページ(たまにある)
  • 下層ページの差し込み用

詳細は省きますが、意外と必要な素材は多いです。

クライアントが全部担当するのも大変なので、一部制作者が請け負うこともあると思います。

 

しかし、あくまでもクライアントの情報に基づいて中身を埋めていく必要があるので、制作者が請け負う場合でも、パンフレットや業務資料など参考になるものはもらっておきましょう。

制作の中で、写真や動画をフリー素材で補うこともあると思いますが、綺麗すぎる印象になることが多いので、提供してもらえる素材がないか確認しておくといいですね。

スムーズなWeb制作には、事前のヒアリングがかかせない

「疑問があれば後で確認しましょう」と説明したものの、スムーズな制作のためには、事前のヒアリングが重要です。

クライアントに話を聞くよりも手を動かす方が楽なため、ヒアリングはつい手薄になりがち。

細かくヒアリングするのは大変ですが、結果的にコミュニケーションの量が減るので、大事なことは最初に聞いておきましょう。

 

なお、ヒアリング項目については、別途シートを作りましたので、【ディレクター向け】Web制作のヒアリング項目【目的第一】からどうぞ。

-スポンサードサーチ

スムーズなWeb制作は良いWebサイトに繋がる

スムーズなWeb制作は良いWebサイトに繋がる

Web制作は確認することが多くて意外と大変です。

クライアントとの調整をスムーズに行うために、Webディレクターという職業があるくらいですからね。

 

ただ、スムーズにWeb制作を進めることができれば、良いWebサイトができます。

制作者とクライアントでイメージをうまく共有し、細かい疑問点も解決できているからです。

逆に「イマイチうまく進まないな」と思ったら、できあがったサイトもイマイチになりがちなので、スムーズな制作ができるよう心がけましょう(^_^)

スムーズなWeb制作に必要なことまとめ

スムーズなWeb制作に必要なこと

  • 事前にコンセプトを決めて、イメージを共有しておく
  • 担当範囲を決めて「誰も手をつけない作業」を無くす
  • 疑問は小さなものでもしっかり解決する

要するに、「余計なトラブルが生まれないよう、丁寧な仕事をしましょう」ということですね。

疲れてくると集中力が欠けますが、そういう時こそしっかりとした仕事を心がけましょうd(^_^o)

Web制作の悩み、解決します

僕は個人でもWeb制作をしておりまして、何かWeb制作について困っていることがあれば、お手伝いできることがあるかもしれません。

  • Webサイトを作りたい
  • Web制作の人手が足りていない

など、Web制作について悩みがあれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたしますm(_ _)m

Web制作のご相談はこちら【概要・料金・進め方】

 

関連記事:
【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

スポンサーリンク
スポンサーリンク