税務職員が勧める税金の勉強チャート。できることから始めよう!

元税務職員の氷犬です。

税務署で働いていると「税金って知らないと損するなー」と思うことが多々ありました。

税務署に来る人

  • 「わからない」と言って窓口に来る人
  • 申告相談を受けている途中に都合の悪いことで怒る人
  • Twitterでとにかく税制に文句を言っている人

「知らない方が悪い」とまでは思いませんが、税金はオフィシャル(公的)な仕組みなので、基本的なことを知っておくと人より一歩優位に立てます。

 

しかし、一方で税金については、国がわかりやすく解説しているわけでもなく、勉強しようにも何から勉強したらいいのか、その糸口をつかむことがそもそも難しいです。

 

「税金について勉強するにはまず何から始めたらいいんだろう?」

そんな疑問を持っている人に向けて、元税務職員の僕が「税金の勉強の仕方」をまとめました。

この記事の内容

  • 税金の勉強の仕方『3段階チャート』
  • 税金を勉強することはお金を稼ぐ上でも重要

-スポンサードサーチ

税金の勉強の仕方『3段階チャート』

チャート①:【初心者向け】市販の書籍を読む

税金・税法について、その全体像を理解するのはすごく難しいです。

 

まずは必要な情報を”点”で抑えることから始めましょう。

 

そのためには市販の書籍を読むのが一番手っ取り早いですね。

もちろん、市販の書籍はわかりやすく書いているため、100%正確に書いているわけではないですが、間違ってはいないはずです。

 

ここで重要なのは「マンガやカラーの本から読む」ことです。

 

活字ばかりの本は読んでいて疲れてしまい、内容が頭に入ってきません。

その点、視覚で楽しめるマンガやカラーの本は読むハードルが低いのが良いですね。

created by Rinker
¥1,512 (2018/11/15 11:04:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

実は普通に生活している分には、市販の書籍の内容で十分です。

僕もいくつか市販の書籍は読みましたが、「ああ、これぐらいわかっていれば問題ないな」と思いました。

税金の勉強というと何から何まで理解するイメージがありますが、日常生活で使う知識は少ないです。

 

それ以上を望むのであればぜひ次へ。

チャート②:【中級者向け】税務大学校の講本を読む

公務員試験を通過し、税務職員として採用された人は全員税務大学校で3か月・1年の研修を受けます。

 

その研修で使用するのが「税務大学校の講本」です。

 

税務署の職員はこの資料に載っている内容に基づいて仕事をしています。

つまり、この講本を読むと「税務職員と同じレベルになれる」のです。

 

高卒で採用された職員が理解できるレベルですから、内容が難しすぎるということはないでしょう。

もちろん、読むのはそれなりに大変ですが、読破することができれば相当な量の知識が身に尽きます。

 

特におすすめなのは「税法入門」「所得税法」の講本ですね。

一番使うのが所得税法の知識なので、それだけ押さえておけば十分です。

 

「なんでいきなり職員と同じレベルになるのか」と思うかもしれません。

しかし、入門書としてのマンガやカラー本の次のレベルの書籍を探す方が難しいです。

あくまでも市販の書籍ですから、内容が網羅されているとは限りません。

 

そのため、僕は職員としての立場からも「税務大学校の講本」を読むことを勧めます。

国税庁が内部に向けて責任をもって作っている資料ですから内容が間違っていることもありません。

 

中途半端な資料を探すより、国が作っている資料を読む方が確実です。

 

チャート③:【上級者向け】市販の専門書を読む

ここまで来ると、税務署の職員級と言ってもいいでしょう。

これ以上はキリがありませんが、「税法の概念・理念」をとにかく突き詰めていくことになります。

 

代表的な専門書はこちら。

created by Rinker
¥8,730 (2018/11/15 11:04:24時点 Amazon調べ-詳細)

この本を読まないと始まらないと言ってもいいくらい濃い内容となっています。

これだけ読んでおけばドヤ顔で「税法」を語ることができます笑

 

こちらは『租税法』をよりわかりやすく噛み砕いたような内容になっていておすすめです。

created by Rinker
¥3,780 (2018/11/15 11:04:24時点 Amazon調べ-詳細)

どちらも値が張るので、図書館で借りれば安上がりかなと思います。

税金を勉強することはお金を稼ぐ上でも重要

事業や投資を通じて得たお金には当然税金がかかります。

しかし、税金の知識があれば合法的に払う税金の額を抑えたり、支払いを未来に繰延べることができます。

 

事業やマーケティングのノウハウが収入を増やすための知識なら、税金について知ることは支出を減らすための知識を身に着けることです。

 

お金の攻めと守りをバランスよく学ぶことが資本主義社会では重要ですね。

質問があればTwitterのDM・メールでどうぞ

Twitter:@icedog_410

Mail:[email protected]

※あまりにも具体的な質問はハッキリと答えられないことがありますのでご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA