東京に住むならシェアハウスで固定費を抑えよう【人生の下積み】

元税務職員ブロガーの氷犬です。

 

東京に住んでみたい人
今は地方に住んでるんだけど、一度東京に住んでみたい。
でも、家賃が家賃が高くて、財布がカツカツになる生活は嫌だな…
どうにかして家賃とかの固定費を抑える方法はないかな。

こんな悩みに応えます。

 

結論としては、シェアハウスに住むのが一番早いです。

固定費を抑えるためにはシェアハウスがおすすめな理由をまとめてみました。

この記事の内容

  1. 東京で固定費を抑えるならシェアハウスに住もう
  2. シェアハウスのプライベート事情【実際に住んでる僕が解説】
  3. お金がないなら家賃を抑えるのが一番早い

-スポンサードサーチ

東京で固定費を抑えるならシェアハウスに住もう

東京で固定費を抑えるならシェアハウスに住もう

東京は家賃がとにかく高いです。

特に23区内ならワンルームで7,8万円かかることもザラにあります。

僕が住んでいた札幌はワンルームなら4万円くらいなので、東京は約2倍です。

 

就職して間もないうちは給料の手取りが18万円くらい。

ただでさえ少ない給料、家賃で半分持っていかれるのはとても痛い。

ひとりで暮らすと水道光熱費やインターネット回線も全部自分持ちなので、住んでるだけですごくお金がかかります。

家賃にお金をかけすぎると生活が辛くなる

普通に仕事をしていると、家にいる時間はとても短いです。

平日なら家に帰ってからの数時間と寝るだけ。

休日は人によるかもですが、アクティブな人ならほぼ家にいないですよね。

 

少なくとも1週間の半分くらいは家にいないのに、東京にいると家賃で7,8万を持っていかれるわけです。

ただ住むだけで給料の半分近くが持っていかれるのは痛すぎますね…

シェアハウスは65,000円程度で住めます

ひとり暮らしをすると、家賃だけでなく水道光熱費やインターネットのプロバイダ料金もかかります。

家賃のほかに2万くらいはかかるでしょう。

 

一方、シェアハウスは探せば家賃と共益費込みで65,000円ほどで住むことができます。

ひとり暮らしとシェアハウスを比べると、1月に3万円くらい固定費が変わってくるというのは大きいですよね。

 

ただ、シェアハウスは複数人で住むものなので、ひとり暮らしとは勝手が違います。

そこで、シェアハウスに住んでいる僕がシェアハウスのプライベート事情をまとめてみました。

シェアハウスのプライベート事情【実際に住んでる僕が解説】

僕は現在リバ邸という会社が経営しているシェアハウスに住んでいます。

まあ、リバ邸はちょっと特殊なシェアハウスなのですが、大きく見れば一緒かなと。

 

シェアハウスで一番気になるのはプライベートだと思いますので、「実際に住んでみてどうなのか」を解説していきます。

シェアハウスの生活はプライベート意識が薄いです

僕の住んでいるシェアハウスは2階建ての2LDK。

築年数は結構経っていますが、内装はリノベーションしているのでとてもキレイです。

定員は6名程度ですが、現在は3人で住んでいます。

 

リビング・キッチン・トイレ・お風呂はすべて共用で、寝室はドミトリー形式なので、一人用の個室はありません。

まあ、実質プライベートなしみたいなものですが、正直慣れましたね。

ただ、個室がないのはリバ邸特有なので、普通のシェアハウスなら一人用の個室はあるのが普通かなと思います。

 

プライベートがないのはデメリットに感じますが、「プライベートがない=コミュニケーションが生まれる」なので、一人暮らし特有の寂しさは感じにくいというメリットでもあります。

複数人なので食費が抑えやすいというメリットも

シェアハウスは複数人で住むので、ご飯を一緒に食べれば食費が抑えやすいというメリットがあります。

一人暮らしあるあるですが、一人分の食事って作ると逆にお金がかかることもあるんですよね。

野菜を買ったはいいけど、使い切れずに捨ててしまうことって結構あります。

 

複数人なら食材を余すことなく使えますし、何より一人じゃないので調理が楽です。

コミュニケーションを取りながら家事を分担しつつ、食費を抑えることができます。

洗濯や風呂の時間はうまく調整する必要がある

シェアハウスで1番難しいのは、洗濯や風呂の時間の調整です。

少人数なら洗濯機や浴室はひとつしかないので、うまく時間を調整して使う必要があります。

 

特に夏場は汗をかくので、すぐにシャワーを浴びたくなりますが、先に入ってる人がいるとその分待たなければなりません。

ただ、住人同士のコミュニケーションがしっかりできれば、さほど気にすることでもないかと思います。

家賃が抑えられるなら多少の不便は許せますよね。

-スポンサードサーチ

お金がないなら家賃を抑えるのが一番早い

シェアハウスの家賃が65,000円と仮定すると、月々の生活費はこんな感じです。

項目 金額(円)
家賃 65,000
食費(外食含む。) 40,000
スマホ 8,000
娯楽 15,000
消耗品 5,000
美容 5,000
13万8,000円

かなりざっくりとした計算ですが、給与の手取りが17万程度と仮定しても3万は残りますよね。

3万円もあれば、スキルを身に着けるための勉強や、副業に回すには十分な金額です。

 

食費や水道光熱費を3万円削るのは至難の業ですが、シェアハウスに住むと家賃と水道光熱費を3万円近く削ることができます。

インターネット環境があるシェアハウスも多いので、場合によってはスマホを格安キャリアにして通信費をもっと下げられるかもしれません。

20代は人生の下積みと割り切るべし

20代、特に20代前半のうちはお金がありません。

お金がないのに無理に一人暮らしをしたり、遊びで散財したりしてしまうと、後がツラくなります…

若いうちからブログやプログラミングなどで稼ぐ力を身に着けておくと、少しずつ人生が楽になっていくかなと。

 

いきなり稼ぐことはできないので、まずは固定費を抑えるためにシェアハウスに住んでみるのがおすすめです。

もしかすると、かけがえのない人脈ができる可能性もありますからね。

シェアハウスならオークハウスかひつじ不動産で

シェアハウスならオークハウスかひつじ不動産で

僕はリバ邸に住んでいるんですが、リバ邸は住人の募集が結構特殊なので、入るのがちょっと難しいかなと思います(-_-;)

 

シェアハウスで有名なのは、オークハウスひつじ不動産なので、まずはこの2つから見てみるといいですね。

シェアハウスを探すならこちら

※アフィリエイトリンクじゃないので、普通に検索して他の会社を探してもOKです笑

 

20代は人生の下積みと割り切って、固定費を少しでも減らしていきましょう(^_^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA