動画学習サイト『Udemy』でWeb製作のスキルを磨こう!【次のステップ】

こんばんは、プログラミング学習中の氷犬です。

 

プログラミングを勉強している人
プログラミングを始めてから、Progateやドットインストールで一通りのコースは終えたぞ。
次の教材に取り掛かりたいんだけど、本のほかに効率よく学べる教材ってあるのかな?
できれば動画だと楽なんだけどな…

 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  1. プログラミングの動画教材ならUdemyがおすすめです【Udemyとは】
  2. 実際にプログラミング初心者がUdemyを使ってみた感想
  3. Udemyの教材を安く買う方法【セールを狙え!】

-スポンサードサーチ

プログラミングの動画教材ならUdemyがおすすめです【Udemyとは】

Udemy公式サイトはこちら

Udemyとは、世界最大級の動画学習サービスのサイトです。

ベネッセと連携し、2015年から日本でサービス展開を始めましたので、まだ国内ではあまりメジャーでないと思います。

しかし、海外では絶大な人気を誇るWebサービスです。

 

ジャンルはプログラミング・デザイン・ビジネススキル・語学学習など。

プログラミングに限らず、いろいろな動画教材を扱っています。

 

動画サイトでよくある「月額いくら」の月額課金方式ではなく、「自分でコースを選んで買う」という買い切り方式なので利用しやすいです。

月額課金だと「いつ解約したらいいんだろう?」と頭を悩ませることもありますが、Udemyだとその心配がありません。本を1冊買う感じですね!

プログラミング初心者が実際にUdemyを使ってみた感想

僕も数日前からUdemyを始めましたので、紹介しつつ素直な感想を書いてみます。

動画は1本数分程度・レッスンは10時間~

実際のレッスン動画の画像

動画は1本数分~十数分くらいです。

1レッスン全部合わせると10時間超にもなります。

まあ、コースによって変わりますので、長いものだと数十時間のものも笑

英語で作られている教材が多い

海外のサービスなので、基本的には英語の教材が多いです。

今のところ、僕が買ったのは3つの教材ですが、2/3が英語。

  1. WordPress Theme Development with Bootstrap
  2. 【世界で30万人が受講】フルスタック・Webエンジニア講座
  3. Bootstrap 4 From Scratch With 5 Projects

英語にはついウッとなるかもしれませんが、そもそもプログラミングは英語で書くわけですし、英語の教材にも慣れておいた方がいいと思います。

 

聞こえてくる英語を完全に理解する必要はなくて、字幕だけ見て「ふーん」と納得できればいいかなと。

ちなみに僕は英語のリスニングができないので、動画を1.5倍速で見てますが、動画のとおりにコードを書けば動くので問題ないですね。

書いたコードが自分のポートフォリオになる点が〇

この記事を書いている時点では、まだレッスンを終えていませんが、書いたコードが自分のポートフォリオになるのはとてもいいですね。

Progateやドットインストールはとてもわかりやすいのですが、スライド形式だったり基礎の基礎学習だったりするので、コードを書いても自分のものにはなりません。

 

しかし、Udemyでコードを書いて作ったものはクオリティも高く見た目もキレイなので、そのまま自分のポートフォリオとして活用できます。

せっかくコードを書くなら、「こんなコードを書きました!」と主張できた方がいいですからね。

「基礎学習はそこそこにして、実際にWebサイトを作ろう」と言われるのも同じ理由だと思います。

動画形式の教材が苦手な人には少し辛いかも

動画形式の教材は「声あり・実際に動く画面あり・ボリュームあり」で、教材としてはすごくいいと思うんですけど、「自分のペースで勉強しにくい」というのが少しネックですね。

なので、「自分のペースでサクサク勉強したいんだ!」という人には、Udemyは向いていないかもしれません。

 

しかし、動画のクオリティはすごく高いので、その向いてなさをこらえてでも取り組む価値はあるかなと思います。

同じ英語で勉強するんだったらテキストよりも動画の方がまだわかりやすいですからね。

動画は苦手、という方でも割り切ってUdemyに挑戦してみるのはアリです。

-スポンサードサーチ

Udemyの教材を安く買う方法【セールを狙え!】

Udemyの教材は元の値段が数万円するものばかりですが、毎日のようにセールをやっています。

おそらくそういうマーケティングだと思うので、あまり元の値段は気にしなくてもいいです。

24,000円の教材が1,300円で売られている… 破格です笑

 

 

よほどのお金持ちでない限り、元の値段で買うのはおすすめできないので、安く買う方法を2つ紹介します。

Udemyの教材を安く買う方法

  1. セールを狙う
  2. コースをまとめて買う

安く買う方法1:セールを狙う【1,300円】

Udemyではほぼ毎日のようにセールが行われています。

会員登録してログインをしていたり、他の人のリンクから経由したり、Udemyへのアクセスの仕方によって値段が変わるようです。

僕もここ1か月ほどUdemyを見てましたが、月に2,3回ほどは1,300円まで値段が下がることがあるので、そのタイミングを狙うといいかなと。

ちなみに、1,300円より下がることはありませんでした。

安く買う方法2:コースをまとめて買う

Udemyではジャンルの近いコースをまとめて買うことができます。

どういう理屈かわからないけど、合わせて買うと95%引きになる

単体で買うよりもかなり安くなるので、財布に余裕があるならある程度まとめて買ってしまうのがオススメです。

もちろん、買うからにはやった方がいいですけど、買ったはいいけど読んでない本ってありますよね?

「最悪やらなくてもいい」くらいの勢いで買って、「せっかくお金出したしやろう」という気持ちで取り組んでいきましょう笑

Progateの次はUdemyでスキルアップしていきましょう

Udemyは歴史あるWebサービスだけあって、教材の質も量も充実しています。

Progateで基礎学習を終えたら、自分でゼロからサイトを作りつつ、実践レベルの知識をUdemyで身に着けていきましょう(^_^)

 

学べば学ぶほど楽しくなるのが勉強というもの。

最初はどうしても辛いですが、やればやるだけ習慣化していきますので、めげずに続けていくと自分の成長に繋がります。

 

関連記事:
【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA