Web制作に一番必要なのはディレクション意識【悲劇を避けよう】

Web制作に一番必要なのはディレクション意識【悲劇を避けよう】

こんばんは、氷犬です。

Web制作をしていると、クライアント(お客さん)と制作側でうまくイメージが共有できず、なかなか案件が終わらないことがあります。

細かな修正が無限に続いたり、固まったと思ったデザインが撤回されたりと、制作してる側に悲劇がたびたび訪れることは珍しくありません。そんな案件では、クライアントも制作側も、互いに消耗しがちです。

 

そんなWeb制作の悲劇を避けるために、必要なのは「ディレクション」です。

そこで、この記事では「Web制作ではディレクションが一番大事な理由」について、「ディレクションって何?」というところから、ざっくりまとめてみました。

この記事の内容

  • Web制作におけるディレクションとは【解説】
  • ディレクションが適当なWeb制作案件は悲劇を生む
  • デザイナー・エンジニアもディレクション意識を持とう

この記事は、Web制作をしたことがなかったり、経験が浅い人向けに書きました。

Web制作は、実際に案件をこなしてみないとわからないことが多いので、予備知識として参考にしてもらえればと思いますm(_ _)m

-スポンサードサーチ

Web制作におけるディレクションとは【解説】

Web制作におけるディレクションとは【解説】

Web制作におけるディレクションとは、「案件全体を管理・調整すること」です。

Webサイトを作るのはわりと大変で、クライアントの要望をうまく実現可能なものに落とし込んで、スムーズに制作していく必要があります。

Web制作では、クライアントからの要望をできるだけ叶える必要はあるものの、制作側の予算やスケジュールの関係で、どうしてもできないことが出てきます。

そこで、クライアントと制作側でイメージを共有したり、スムーズな意思疎通を図るのが「Webディレクター」の仕事です。

Webディレクターは、デザイナー・エンジニアの仕事以外を全部する人

「Webディレクター」という仕事はあまり馴染みがないと思いますが、一言でいうと「案件全体を管理する仕事」のことです。

デザイナーだったらデザイン、エンジニアだったらコーディング・プログラミングというイメージがあるので、わかりやすいと思います。

ただ、Web制作はデザイン・プログラミングだけすれば良いわけではありません。

実際にはWeb制作を依頼するクライアントがいて、クライアントとコミュニケーションを取りながら案件を進めていく必要があります。

そこで、クライアントとデザイナー・エンジニアの意見を聞きながら、案件に責任を持って、全体の進行管理をしていくのがWebディレクターの仕事です。

Webディレクターの仕事は制作以外のほぼすべて

Web制作の流れをざっくり説明すると、以下のとおりです。

Web制作の流れ

  • 事前のヒアリング
  • 企画・提案
  • デザイン
  • コーディング
  • 納品・修正

こんな感じで案件を進めていくと、「ここを直してほしい」とか「〇〇を加えてほしい」とか、いろんな要望や修正がクライアントから出てきます。

ただ、予算やスケジュールが決まっているので、場合によってはクライアントの要望に応えるのが難しいケースも。

そこで、Webディレクターはクライアントと制作側の意見をまとめつつ、落としどころを見つけていくことになります。互いの意見のズレを修正する仕事なので、わりと大変です。

ディレクションが適当なWeb制作案件は悲劇を生む


Web制作ではディレクションが重要とはいえ、制作側の人数が少ないと、正直「誰がディレクターなのか」がわからないまま、制作が始まることもあると思います。

たとえば、小さなWeb制作会社だと、案件を取ってきた営業の人がそのままディレクター的ポジションになったりするんですよね。

とはいえ、ディレクターにディレクションする意識がないと、案件はスムーズに進まず、全員が不満を持って制作をすることになります。結果、無限に修正することになったり、最悪の場合作り直しになったりします。

Web制作の炎上あるある

Web制作では、「案件が予定通りに進まず、何がどうなっているかよくわからない泥沼状態」になることがあります。いわゆる、炎上というやつですね。

Web制作が炎上するケースと、対策を以下にまとめてみました。

  1. 「イメージと違う」と言われる
    ⇒参考サイトを並べつつ、ラフデザインでイメージの共有をしておく
  2. 制作途中で聞いていない箇所の追加・修正要望が来る
    ⇒ヒアリングで、予算と一緒に作業内容を確認しておく
  3. 納品したものに無限に修正依頼が来る
    ⇒納品した段階で、何か気になるところがないか確認しておく

ディレクターがひとこと確認しておけば、事前にわかるケースも多いかなと思います。要は事前のヒアリングが重要ということですね。

※事前のヒアリング項目については、【ディレクター向け】Web制作のヒアリング項目【目的第一】にまとめましたのでどうぞ。

炎上すると、クライアントも制作側も疲れます。ディレクターとしては、お互いに気持ちよく案件を進められるようなディレクションをしたいですね。

-スポンサードサーチ

デザイナー・エンジニアもディレクション意識を持とう

デザイナー・エンジニアもディレクション意識を持とう

ここまで「ディレクターのディレクションが大事」という内容をまとめてきました。

とはいえ、実際に制作するデザイナー・エンジニアにもディレクション意識は重要かなと思います。

ディレクション意識をもって案件に取り組めば、修正が少なく済んで、制作側としても楽に案件を終えられるはずです。

疑問は解決して、場合によっては提案する

僕も制作する側なのでよくわかるのですが、指示どおりに作ったものに修正が入ると萎えるんですよね。

ディレクターから「クライアントから指示があったからここ直して」とか何度もいわれると、「マジかよ…」と思います。

ただ、制作側には当たり前でも、クライアントにとっては未知だったり不確定なことが結構あるんですよね。たとえば、「技術的にできる・できない」「〇〇の意図があってこうしている」など。

実際に手を動かして制作する前に、あらかじめ疑問や修正がありそうなところは事前に確認しておくと、あとで直すところが減って楽になると思います。自分のためにもなることは、結局はクライアントのためにもなります。

大事なのは、相手の立場になって考えること

実際に手を動かして制作をしていると、「他人のことは相手の立場になってみないとわからない」ということを、つい忘れがちかなと思います。

たとえば、欲しいWebサイトの正確なイメージはクライアントでないとわからないし、プログラミングの技術的な話はエンジニアでないとわからないですよね。

「すぐできるよね?」とか「〇〇をサッと直しておいて」と言われて、ムッとする気持ちもわかりますが、そういう時こそしっかりと説明することが大事です。

本来の目的は「良いWebサイトを作ること」

これは本当の話ですが、イライラしながら制作しても良いものはできません。

Web制作では、「良いWebサイトを作る」という本来の目的を忘れず、相手の気持ちに配慮しつつ制作するのが大事ですね。

不要なすれ違いを防ぐためには、「事前のコミュニケーション」が一番の対策かなと思います。

Web制作の予備知識については、以下の2記事にまとめていますので、意識しつつWeb制作していきましょうm(_ _)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク