未経験からWeb制作会社に就職する時のポイント【会社の選び方も解説】

未経験からWeb制作会社に就職する時のポイント【会社の選び方も解説】

こんばんは、氷犬です。

未経験からWeb制作会社に就職したい人

業界未経験からWeb制作会社に就職することを考えています。

プログラミングを独学して、Webサイトをある程度作れるようになってきました。

未経験からWeb制作会社に就職するときのポイントをざっくり教えてください。

こんな疑問に答えます。

結論からいうと、未経験からWeb制作会社に就職するときのポイントは「時間をかけること」です。

ひとくくりに「Web制作会社」といっても、意外と仕事内容や雰囲気に幅があります。ただ、「業界未経験」の状態だと、会社ごとの細かい違いはよくわからないはず。

未経験からとはいえ、せっかく就職するなら、「良い就職」にしたいですよね。

そこで、この記事では、これからWeb制作会社に就職しようとしている人に向けて、参考になる情報をまとめてみましたm(_ _)m

この記事の内容

  • 未経験でWeb制作会社に就職する時のポイント【3つ】
  • Web制作会社の種類は全部で3パターン
  • 未経験だからこそ、会社選びには時間をかけること

なお、この記事を書いている僕はプログラミングを独学し、未経験の状態からWeb制作会社に就職しました。

今となっては結果的に良かったのですが、当時は「思っていたのと違う」と感じたことがいくつかあったので、その内容をシェアしたいと思いますm(_ _)m

-スポンサードサーチ

未経験でWeb制作会社に就職する時のポイント【3つ】

  1. 時間をかけて就職(転職)活動をすること
  2. 業務内容をよく把握すること
  3. 給与の額と収支のバランスをチェックすること

この3つは必ず意識した方がいいです。

ひとつずつ順番に解説していきます。

①時間をかけて就職(転職)活動をすること

時間をかけること、これが一番のポイントです。

IT業界は人材不足なので、未経験でも就職しようと思えば、わりと簡単に就職できます。

ただ、時間をかけないと、就職したあとに「思ったのと違うな…」というギャップに悩んだり、早期の退職につながってしまうかなと思います。

就職・転職活動をするにあたっては、まず第一に時間をかけること。これは意識してください。

②業務内容をよく把握すること

Web制作会社と一口にいっても、実は会社によって、業務内容や雰囲気がかなり変わってきます。

この「会社ごとの違い」は、取引先とか仕事の受注方法で変わってくるものなので、後ほど詳しく解説しますm(_ _)m

③給与の額と収支のバランスをチェックすること

一般的にWeb制作会社は、給与が控えめなことが多いです。

Webエンジニアはともかく、未経験からWebデザイナーになると、最初の給料は月20万くらいが目安。

転職して年収が下がるケースもあると思うので、事前に収入と支出のバランスをチェックしておきましょう。

未経験でWeb制作会社に就職する時のポイントまとめ

  1. 時間をかけて就職(転職)活動をすること
  2. 業務内容をよく把握すること
  3. 給与の額と収支のバランスをチェックすること

とにかく「時間をかけること」が一番大事です。

就職したあとに「思っていたのと違う…」となると、自分にとっても会社にとっても、良い結果になりません。

いわゆる「雇用のミスマッチ」を防ぐためには、時間をかけることがポイントです。

Web制作会社の種類は全部で3パターン

Web制作会社の種類は全部で3パターン

一口に「Web制作会社」といっても、会社によって仕事の内容がかなり変わってきます。

その違いを生むのは、ひとことで言うと「取引先」です。

言い換えると、「どこから仕事を受注しているか」ですね。ざっくり以下の3パターンに分けられます。

Web制作会社の仕事の受注方法

  1. 自社メディアからの集客
  2. 大手からの継続案件
  3. 積極的に営業をかける

①自社メディアからの集客

会社でメディアを持ち、情報を発信して、メディア経由で受注するタイプの会社です。LIGユニオンネット・ベイジあたりが有名。

「メディア経由で受注している=Webマーケティングがうまい」ということなので、Webサイト制作においては、マーケティングの設計からデザイン・コーディングまで扱っています。要するに全部できる会社ですね。

求人も出ているのですが、正直未経験からだと、スキル的に就職するのは厳しいかなという印象です。

②大手からの継続案件

東京のWeb制作会社に多いパターン。

僕は転職サイトとWantedlyを使って転職活動をしていたのですが、Wantedlyで話を聞きにいった会社は、わりと大手の案件を継続的に受けていることが多かったです。※聞いたら普通に教えてくれました

正直仕事は大変そうですが、かなりスキルアップできる環境だと思います。

③積極的に営業をかける

テレアポや直営業から、案件を受注するタイプの会社です。

既存のテンプレートを使って、非商用のコーポレートサイトや小さめのECサイト(通販サイト)を作っているケースが多いですね。Webに明るくない企業に向けて、サービスを提供しているイメージ。

Web制作会社の中では少し特殊ですが、「事業の仕組み化」という意味では学べることが多いです。

どの会社を選ぶかは、自分のキャリア次第

  1. 自社メディアから集客している会社
  2. 大手からの継続案件を主に受けている会社
  3. 積極的に営業をかける会社

Web制作会社は上の3パターンに分けられますが、会社によってかなり雰囲気が違います。

どの会社を選ぶかは「自分がどういうキャリアを歩みたいか」に寄りますが、ざっくり分けるとこんな感じです↓

  1. 自社メディアから集客している会社
    中途採用だと、ただプログラミングを独学しただけでは厳しい。他に何か「これは」というスキルが必要な印象。
    学生ならインターンに応募してみるのはアリ。
  2. 大手からの継続案件を主に受けている会社
    コーディングに加え、Webデザインもやっていきたい人向け。かなりスキルアップできる環境です。
  3. 積極的に営業をかける会社
    デザイン・コーディングに限らず、なんでもやってみたい人向け。
    事業の仕組みを知るという意味では、おもしろい環境だと思います。

就職活動をする前にこれだけわかっていれば、かなり会社を選びやすくなると思います。

就職するのは大変なので、なるべく情報を集めつつ行動しましょうm(_ _)m

-スポンサードサーチ

未経験だからこそ、会社選びには時間をかけること

未経験だからこそ、会社選びには時間をかけること

Web制作会社の特徴や就職する時のポイントを解説してきましたが、一番大事なのは「時間をかけること」です。

就職するにあたっては、時間をかければかけるだけ良い結果になります。

お金や精神的な余裕がないと、焦って就職してしまいがちなので、あらかじめ貯金をしておくとか、人によく相談するのがおすすめです。

転職エージェントに頼るのは、かなりおすすめ

会社選びにあたっては、転職サイト・転職エージェント・Wantedly・直接応募など、いろんな方法がありますが、一番おすすめなのは転職エージェントを使うことです。

僕は転職サイトを使って就職したのですが、業界未経験の状態で会社を選んだり、面接の日程を調整するのはかなり大変でした。

転職エージェントを使うと、担当者が良さそうな会社を提案してくれたり、業界の情報を提供してくれます。あと、親身に相談に乗ってくれたりします。

転職エージェントを使いつつ、転職サイトや企業の採用ページを見ると効率的に転職活動ができるのでおすすめです。

おすすめな転職サイト・転職エージェント

リクルートエージェント:担当者が親身にサポートしてくれます。転職サイトにはない非公開求人もあるので、かなりおすすめです。

ワークポート:IT系に強い転職エージェント。ベンチャー企業の求人票を取り扱っていたりするので、広く探すのに向いてるかなと思います。

Green:Web業界に強い転職サイトです。企業からのオファーも届いたりするので、ゼロから探すより効率的に会社選びができます。

※登録も利用も無料なので、迷わずに登録しておきましょう。

繰り返しになりますが、とにかく時間をかけて就職活動をすることが大事です。会社選びに失敗すると本当にダメージが大きいので。

何かあれば、Twitter(@icedog_410)でDMいただければ相談に乗りますので、お気軽にどうぞ。

※DMする際は、細かい状況を教えてくれると答えやすいです。

関連記事:【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

スポンサーリンク
スポンサーリンク