Webマーケティングの基本と特徴をわかりやすく解説【超初心者向け】

Webマーケティングの基本と特徴をわかりやすく解説【超初心者向け】

こんばんは、氷犬です。

「Webマーケティングって何?」という方向けに、Webマーケティングの基本をわかりやすくまとめました。

この記事を読むことで、Webマーケティングという言葉の意味がわかり、ビジネスにおけるWebマーケティングという手法の理解が早くなります。

個人的にWebマーケティングという言葉は、「わかるようでわからない言葉」だと思っていて、理解するまで少し時間がかかりました。

そこで、「Webマーケティングって何?」という質問に対し、経験・本・ネットから得た情報をもとに「Webマーケティング」という言葉の意味を言語化してまとめました。

この記事の内容

  • Webマーケティングの意味【そもそもマーケティングって何?】
  • Webマーケティングの特徴は3つ【データが数字で残るなど】
  • Webマーケティングの基本と特徴まとめ

※何か読んでいてわかりにくい部分がありましたら、Twitter(@icedog_410)かお問い合わせフォームからフィードバックをいただけると助かります。

-スポンサードサーチ

Webマーケティングの意味【そもそもマーケティングって何?】

Webマーケティングの意味【そもそもマーケティングって何?】

Webマーケティングとは、「Web(インターネット)でモノを売るための手法」のことです。

具体的には、

  1. Webで人を集める(集客)
  2. Webで人にモノを売る(営業)

この2つの手法をまとめた言葉ですね。

要するに、Webマーケティングとは、「Web集客×Web営業」のこと。言葉の意味を分解してみると、だいぶ理解しやすくなります。

そもそもマーケティングって何?

「Webマーケティング=Web集客×Web営業」といいましたが、そもそもマーケティングとは何でしょうか。

マーケティングとは、「モノを売るための手法」です。言い換えると、「モノを売るための仕組み作り」のことです。

マーケティングの意味について、もう少し深掘りします。

買ってくれる人がいないと、モノは売れない

モノを売るためには、そもそも買ってくれる人がいないと売ることはできません。まずは、人を集める必要があります。

そして、人を集めたあとに、売ろうとしているモノ(商品)に興味を持ってもらう。人はいらないものを買おうとは思わないですからね。

まず、人を集める。そして、商品に興味を持ってもらう。その上で必要だと感じたら、人はモノ(商品)を買う。

要するにマーケティングとは、「人を集めて、商品に興味を持ってもらう仕組みを作ること」といえます。

マーケティングの基本:集客⇒営業の順番

マーケティングとは、「集客×営業」のことですが、この集客⇒営業の順番は絶対です。

たとえば、無人島でモノを売ることはできないですよね。無人島で一生懸命「この商品を買うと、〇〇が改善されて~」と説明しても、人がいなかったらそもそも売れません。

逆に、新宿や渋谷でモノを売るのは、無人島に比べると簡単だと思います。なぜなら、お客さんがたくさんいるからです。モノが売れる場所だからです。

マーケティングで大事なのは、「集客⇒営業」という流れなので、まずは集客に力を入れる必要があります。

Webマーケティングの特徴は3つ【データが数字で残るなど】

具体的な集客・営業方法を解説する前に、Webマーケティングの特徴を解説します。

Webマーケティングの特徴は、次の3つです。

Webマーケティングの特徴

  1. 数字で結果がわかる
  2. 全国・全世界に向けて発信できる
  3. 対象を区切って発信できる

順番に解説していきますm(_ _)m

Webマーケティングの特徴①:数字で結果がわかる

Webマーケティングでは、集客した人数や効果を数字でハッキリと測ることが可能です。

たとえば、Googleアナリティクスという解析ツールを使えば、Webサイトに来た人数・滞在時間・1人が見たページの数などを具体的に測れます。

一方で、チラシや電車広告などのリアル広告は、「何人が見て、何人が実際に商品を買ったか」というデータは取りにくいですよね。

Webマーケティングはすべてがデータで残るので、施策の効果がわかりやすく、改善しやすいという特徴があります。

Webマーケティングの特徴②:全国・全世界に向けて発信できる

Webマーケティングは、Web=インターネットを使うマーケティング手法なので、全国・全世界に向けて発信することができます。

たとえば、北海道にいながら沖縄の人に向けて発信することも可能ですし、アメリカの人に向けて発信することも可能です(ただ、効果が出るかどうかは別です)。

インターネットの上では、物理的な距離は関係ないので、近くの人に対しても遠くの人に対しても、発信コストは同じになります。

予算が少なくても、全世界に向けて発信できるのはWebマーケティングの大きな特徴ですね。

Webマーケティングの特徴③:対象を区切って発信できる

Webマーケティングは、全世界に向けて発信できることが特徴ですが、一方で対象を区切って発信することも簡単にできます。

たとえば、「転職しようか悩んでいる東京の20代の男性に広告を出したい」など、細かい要望にも応えやすいです。

不特定多数に向けてではなく、ピンポイントで配信できるのは便利ですよね。

-スポンサードサーチ

Webマーケティングの基本と特徴のまとめ

Webマーケティングの基本と特徴のまとめ

Webマーケティングについて、ここまで解説した概要をざっくりとまとめます。

  • Webマーケティングとは、Web集客×Web営業のこと
  • マーケティングの基本は、人を集めて商品に興味を持ってもらうこと
  • Webマーケティングの最大の特徴は、結果が数字でわかること

Webマーケティングにおいても、考え方の基本は普通のマーケティングと同じで、手段として「Web(インターネット)を使う」というだけですね。Webでマーケティングをするから、Webマーケティング。

具体的なWeb集客・営業の方法については、長くなるので別記事にてまとめました。

まずは、Web集客の方法からどうぞ。

Webマーケティングの集客方法を4パターンに分けて解説【すぐ読める】

Webマーケティングの集客方法を4パターンに分けて解説【すぐ読める】

2018.12.04
スポンサーリンク
スポンサーリンク