Webマーケティング会社に未経験で転職する手順まとめ【体験談あり】

Webマーケティング会社に未経験で転職する手順まとめ【体験談あり】

こんばんは、氷犬です。

Webマーケティング会社に転職したい人

Webマーケティング会社に転職したい。

ただ、自分は特にスキルもないし、今の会社はWebマーケティングとはあまり関係がないです。

ゼロから転職するにあたっての手順を詳しく教えてください。実際のデータもあると助かります。

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、公務員(税務署)として5年働いた後、Web制作会社に転職。半年で辞めて、Webマーケティング会社に転職しました。未経験からの転職です。

そんな経歴を発信していると転職相談が届くので、「未経験からWebマーケティング会社に転職する手順」について、体験談をもとにゼロからまとめてみました。

この記事の内容

  • Webマーケティング会社に未経験から転職する手順【体験談あり】
    ①Webマーケティングの知識を身につける
    ②履歴書・職務経歴書を作る
    ③転職エージェント・転職サイトで求人を探す
    ④求人に応募する(書類選考)
    ⑤面接を受ける
    ⑥内定・条件交渉
  • Webマーケティング会社に未経験から転職するときのポイント

未経験からの転職は、予備知識がないとハードルが高いです。この記事が転職活動の参考になれば幸いです。

-スポンサードサーチ

Webマーケティング会社に未経験から転職する手順【体験談あり】

Webマーケティング会社に未経験から転職する手順【体験談あり】

転職の手順は以下のとおりです。

  1. Webマーケティングの知識を身につける
  2. 履歴書・職務経歴書を作る
  3. 転職エージェント・転職サイトで求人を探す
  4. 求人に応募する(書類選考)
  5. 面接を受ける
  6. 内定・条件交渉

順番に解説していきます。

①Webマーケティングの知識を身につける

未経験からの転職とはいっても、Webマーケティングの知識がなかったら話にならないので、まずは知識を身につけましょう。

「本を読む」「ブログを運営する」など、実務につながりそうな形でWebマーケティングを勉強します。

ポイントとしては、実際に行動してみて、目に見える実績や数字を作ることです。

この辺りは話すと長くなるので、別の記事にまとめました。ぜひ読んでみてください。

>>Web系企業に未経験で入るなら、事前の独学が必須な理由【勉強するだけで有利】

②履歴書・職務経歴書を作る

Webマーケティングの基礎知識が身についたら、履歴書と職務経歴書を作ります。

大事なのは、「志望動機」「経験・実績」です。

  • なぜWebマーケティングの仕事をしたいのか
  • これまでの経験はWebマーケティングにどうつながるのか
  • Webマーケティングに関する実績はあるか

面接でもよく聞かれることなので、自分の考えをよく洗い出して文章にまとめましょう。

中でも、営業の経験・ブログを運営した経験・SNSを運用した経験などが活きやすいかなと思います。数字で提示できるとなお良しです。というか、数字が提示できないと実績になりません。

ちなみに、僕は当時のブログのアクセス・収益(月間2万PV/収益1万円)とSNSのアカウント(@icedog_410)を全部載せました。

面接で「ブログ読みました。おもしろいですね!」といわれたので良い方向に働いた気がしますが、公開したくない人は数字だけでも良いと思います。

③転職エージェント・転職サイトで求人を探す

履歴書と職務経歴書の準備ができたら、求人を探します。

求人の探し方ですが、個人的にはリクルートエージェントDODAワークポートのような転職エージェントに登録して探すのがおすすめです。

というのも、普通の転職サイトだと自分でゼロから求人を探す必要があるのですが、転職エージェントだとある程度求人を絞り込んで提示してくれるからです。求人探しを手伝ってくれるのは助かります。

僕はリクルートエージェントを使いました

僕が実際に使った転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントを選んだ理由は、「担当者がいい感じだったから」「最初に面談に行ったエージェントだったから」の2つ。

元人材会社にいた人から「DODAの方がWeb系に強いですよ」と聞いたので、DODAでもいいかもしれません。

僕はリクルートエージェントDODAワークポート、全部で面談を受けたので、転職活動に慣れていないなら全部登録してしまってもいいと思います。あとでひとつに絞ればOKです。

転職サイトならリクナビNEXTかGreen

転職サイトで求人を探すなら、リクナビNEXTGreenがおすすめです。違いは以下のとおり。

  • リクナビNEXT:大手なので求人が多い
  • Green:IT系に強くてベンチャー企業の求人が多い

登録は無料なので、とりあえず登録しておいても良いと思います。

Wantedlyという手もありますが、Wantedlyは掲載料が安いので、情報商材系の会社も使っています(過去に変な会社に当たったことがある)。

まともなWebマーケティング会社に入りたいならWantedlyはおすすめしないです。Wantedlyはエンジニア・デザイナー向けという印象。

④求人に応募する(書類選考)

転職エージェント・転職サイトで求人を探し、応募します。

書類選考の突破率は、未経験なら10%もあれば良い方なのではと思います。

僕の実際のデータは以下のとおりです。

  • 応募:37社
  • 面接:3社(8.1%)
  • 内定:1社(2.7%)

先に内定数も出してしまいましたが、極端な話、100社に応募すれば1社くらいは通りますよね。

100社は言い過ぎかもしれませんが、未経験者向けの情報がない以上、応募数が多くなるのは仕方ないことだと思っています。

ちなみに僕は書類選考に落ちたメールを見るたび落ち込んでいましたが、4通目で慣れました。要は慣れです。

⑤面接を受ける

無事に書類選考に通ったら面接を受けます。

仕事終わりに受けられるのが理想ですが、厳しいなら有給や仮病を使って平日の午前中に受けましょう。僕は有給がなかったので、仮病で給料を減らしながら面接を受けていました。

面接でチェックされること

面接では、以下の2点がチェックされます。

  • スキルフィット:実務をできるだけのスキルやポテンシャルがあるか
  • カルチャーフィット:会社の雰囲気に合うか

受けてみての印象ですが、カルチャーフィットの方がよく見られているような雰囲気がありました。

スキルは後からでも身につきますが、カルチャーフィットは個人の性格によりますからね。

単純にいうと、スキルがあっても面接官との相性が悪かったら落ちます。それは人と人との関係である以上、仕方のないことなので、落ちたら切り替えて次に行きましょう。

面接で聞かれること
  • Webマーケティングに興味を持った理由
  • 入社後にしたいこと
  • 前職を辞めた理由 など

面接の質問はわりとセオリーどおりなので、事前に回答を考えておくのがベターです。

ただ、考えすぎてもテンプレート感が出ます。フラットな感じで答えるのが良いですね。

質問に答えるというよりかは、会話する感じで話しましょう。Q&A方式だと、緊張するので注意です。

⑥内定・条件交渉

最終面接に合格したら、条件交渉が入った後、内定が出ます。

条件交渉は年収などの待遇に関わる重要な交渉なので、企業から提示された条件をよくチェックしましょう。

僕は早く転職したかったのと、条件も悪くなかったことから、その場でOKしました。年収は普通に一人暮らしできるレベルでした。感謝です。

まとめ

僕が実際に体験した手順は、以上のとおりです。

何より大事なことは「事前に知識を身につけること」かなと思います。

企業の面接官曰く、意外と知識がない状態で転職活動をする人は多いらしく、「ブログまで運営している人は珍しい」とのことです。

「この人はある程度知識があるんだな」と思われるだけで転職活動に有利なので、勉強しない手はないですね。まずは準備から始めましょう。

>>【実践】Webマーケティングのベストな独学方法【ブログがおすすめ】

Webマーケティング会社に未経験から転職するときのポイント

未経験から転職する手順はこれまでの説明のとおりですが、他にも大事なポイントや豆知識があります。具体的には以下のとおりです。

  • Webマーケティング会社の選び方
  • 求人票の年収はあくまでも参考程度に
  • フルリモートワークはない

少しですが、説明を加えていきますm(_ _)m

Webマーケティング会社の選び方

ひとくちにWebマーケティング会社といっても、会社によって強みや営業スタイルが違います。

手当たり次第に応募するのではなく、SEO・リスティング広告(運用型広告)・SNSなど、自分が興味のあるジャンルを扱っている会社に応募するようにしましょう。

あと、知っておきたい話として、Webマーケティング会社(特にSEO系)はグレーな側面を抱えていることがあります。過去にリンクを売っていたり、営業の押し売りが強かったり。

健全な会社も多くあるのですが、一方で残念な会社がまだあるのも事実です。

未経験だと会社の良し悪しの区別も付きにくいとは思いますが、会社の事業内容や評判はよくチェックしておき、面接でもかなり突っ込んで聞くことをおすすめします。

求人票の年収はあくまでも参考程度に

Webマーケティング会社は、求人票の年収が高く提示されていることが多いです。

未経験可と書いていても、「400万~」となっていることがあります。

ただ、これはマネージャークラスの話で、20代だと400万より低い金額を提示される傾向にあります。僕もそうでした。

条件交渉時に(求人票に400万って書いてたんだけどな)と思うかもしれませんが、意外と現実はそんなものです。参考までにm(_ _)m

フルリモートワークはない

Webマーケティング会社はWeb系なので、リモートワークを期待する人がいるかもしれません。

ただ、Webマーケティング会社はクライアントワークが主なので、リモートワークを実施しているところは少ないです。

これからリモートワーク可の会社も増えてくるはずですが、現状ではまだ厳しいかなと思います。

Webマーケティング会社に未経験から転職する手順まとめ

Webマーケティング会社に未経験から転職する手順まとめ

最後にもう一度、未経験から転職する手順をまとめます。

  1. Webマーケティングの知識を身につける
  2. 履歴書・職務経歴書を作る
  3. 転職エージェント・転職サイトで求人を探す
  4. 求人に応募する(書類選考)
  5. 面接を受ける
  6. 内定・条件交渉

繰り返しになりますが、大事なのは「Webマーケティングの知識を身につけること」です。

その後の過程は転職活動中に修正可能ですが、知識だけは事前に持っておく必要があります。

また、Webマーケティング業界は流れが早く、情報をキャッチアップするための独学が必須なので、勉強する習慣がついていないと厳しいです。

ただ、それ以上に楽しく、将来性のある業界であることは間違いないので、興味があればぜひWebマーケティング業界に来てほしいと思います。お待ちしておりますm(_ _)m

転職相談サービスを始めました

転職について相談を受ける機会が増えてきたので、有料ではありますが転職相談サービスを始めてみました。

記事だとどうしても抽象的な内容になってしまうので、個別具体的なアドバイスが必要な方は、以下のページからお問い合わせください。

>>20代向けの転職相談サービスを始めました

20代向けの転職相談サービスを始めました

2019年4月12日
Twitterもやっています

TwitterでもWebマーケティングと働き方に関する発信をしています。よろしくお願いしますm(_ _)m

Twitter:@icedog_410

おすすめした転職エージェント
  1. リクルートエージェント:担当者が親身にサポートしてくれます。転職サイトにはない非公開求人もあるので、かなりおすすめです。
  2. DODA:最大級の転職サイト。カウンセリングが親切で、転職者満足度No.1。
  3. ワークポート:ITに強い転職エージェント。Webマーケティングの求人は特に多いですね。

※どれも登録無料です。

関連記事:Webマーケティングの求人内容は4パターン【転職活動を始める前に】

Webマーケティングの求人内容は4パターン【転職活動を始める前に】

Webマーケティングの求人内容は4パターン【転職活動を始める前に】

2019年2月20日
スポンサーリンク
スポンサーリンク