【未経験から】Webマーケティング会社の「良い求人」の探し方と注意点を解説します

【未経験から転職】Webマーケティング会社の「良い求人」の探し方と注意点を解説します

こんにちは、氷犬です。

普段は都内のWebマーケティング会社で、Webマーケター(SEOコンサルタント)として働いています。

僕はWebマーケティングを独学し、未経験の状態から転職したのですが、Webマーケティング会社の「良い求人」を探すのにはかなり苦労しました。

そこで、この記事では、未経験で転職する時に役立つ「Webマーケティング会社の求人の探し方」をわかりやすく解説します。

Webマーケティング会社といいつつ、スキルの身につかないただの営業会社もあったりするので、良い転職をしたい方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の内容

  • Webマーケティング会社の求人を探す前に知っておくべきこと3つ
  • Webマーケティング会社の「良い求人」の探し方

Webマーケティング会社の求人を探す前に知っておくべきこと3つ

Webマーケティング会社の求人を探す前に知っておくべきこと3つ

Webマーケティング会社の求人を探す前に、必ず知っておくべきことが3つあります。

  1. スキルがないと良い転職活動はできない
  2. Webマーケティングの軸を決めること
  3. 求人は自分で探すこと

この3つです。かなり大事なことなので、求人を探す前に知っておいてほしいです。

①スキルがないと良い転職活動はできない

僕は未経験の状態からWebマーケティング会社に転職したのですが、その経験を活かして転職相談サービスをやっています。

そこで、相談に来る人からこんな質問というか、確認をされることがあります。

相談者
未経験の状態から入社しても、Webマーケティングのスキルは身につくんですよね?

結論を言うと、そんなことはないです。

既にあるWebマーケティングのスキルが伸びることはあっても、最低限のスキルは自分で身につける必要があります。本当に何も知らない人は採用されません。

世の中には「Webマーケティングで稼ごう」みたいな流れがあるものの、実際はそんなに甘くないので、まずは最低限のスキルを自分で身につけることから始めましょう。

ちなみに、このブログではWebマーケティングの記事をそれなりに書いているので、ひととおり読んでもらうとWebマーケティングの概要はわかるかなと思います。

※全部の記事を見たい方はこちらからどうぞ ⇒ Webマーケティングの記事一覧

②Webマーケティングの軸を決めること

Webマーケティングには、いろいろな手法・技術があります。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • 運用型広告(リスティング広告・SNS広告・ディスプレイ広告)
  • SNSマーケティング
  • データ解析(データアナリティクス)など

「全部できます。得意です!」というWebマーケティング会社はまずなくて、実際はどれかの手法に特化して提供している会社が多いです。

たまに全部扱っている会社もありますが、それは広告代理店で、厳密に言うとWebマーケティング会社ではないと思います。自社で技術を持っていなかったりリソースが足りていなくて、業務の一部を他社に振ってるケースが多いです。

なので、Webマーケティング会社に転職する際は、自分の中で軸を決めて、その軸をもとに転職活動を進めることをおすすめします。

ちなみに僕はSEO(検索エンジン最適化)が好きだったので、SEOのコンサル会社に絞って転職活動をしていました。結果として良い会社に入れたので、「軸を絞る」という考え方は間違ってなかったと思います。

③求人は自分で探すこと

一番大事なことは「自分で求人を探す」ということです。

あとで転職エージェントや転職サイトなど、「求人を探せる媒体」は紹介しますが、あくまでも求人を探し、その内容を見極めるのはあなた自身です。

「エージェントにおすすめされたから」という受け身の姿勢で転職活動を進めると、まず失敗します。

自分で情報を集め、判断し、転職活動を進めるようにしてください。

-スポンサードサーチ

Webマーケティング会社の「良い求人」の探し方

Webマーケティング会社の「良い求人」の探し方

ここからは実際に「Webマーケティング会社の良い求人の探し方」について解説します。

具体的には、以下の5種類の探し方があります。

  1. 転職エージェントで探す
  2. Twitterで探す
  3. リファラルで紹介してもらう
  4. 転職サイトで探す
  5. Wantedlyを使う

①転職エージェントで探す

転職エージェントをおすすめする理由

  • 求人の数が多く、質もそれなり
  • 採用コストが高いため、企業も本気で人を探している
  • エージェントの人がサポートしてくれる

まずは、転職エージェントに登録して探すのがおすすめです。

理由としては、求人の数が多く、選択肢を幅広く提示してくれるため。

あと、これは企業側の都合になるのですが、転職エージェントを使って採用すると、採用した人の年収の35%くらいを手数料としてエージェントに支払う仕組みとなっています。最低でも1人あたり100万くらいの手数料がかかるので、企業としても中途半端な気持ちで人を採用できないんですね。

必ずしも「転職エージェントを使っている=良い企業」というわけではないのですが、外れを引く確率も低く、バランスが良いのでおすすめしています。

実際に僕も転職エージェント3社に登録して転職活動を進めたので、再現度は高いと感じています。

おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント:大手の転職エージェント。僕もリクルートエージェント経由で転職しました。
  • ワークポート:IT/Webに特化した転職エージェント。大手では扱わない求人もあるので、より幅広く求人を探すために使いましょう。
  • マイナビエージェント:こちらも大手。リクルートと一緒に登録しておいて、使いやすい方を使うのが良いかなと思います。

②Twitterで探す

Twitterをおすすめする理由

  • 発信活動に力を入れている会社は良い会社であることが多い
  • 働いている人の雰囲気や人となりがわかる

「Twitterで発信している人の所属している企業を探す」という方法です。要するに、「Webマーケターを探す方法」ですね。

Webマーケターの中には積極的にTwitterを活用している人が多く、所属している企業が明らかになっていたりします。

たとえば、SNSマーケティングを扱っているホットリンクという会社があるのですが、元ferret編集長の飯高悠太さん(@yutaiitaka)や、ムロヤさん(@rmuroya)といったTwitterをよく活用しているマーケターの方が所属しています。

Webマーケティング会社は、発信もひとつの仕事みたいなものですし、積極的に発信している会社は活発で風通しが良い印象がありますね。

ずっと眺めていると交友関係も見えたりして、転職後も役に立つのでTwitter活用はおすすめです。

③リファラルで紹介してもらう

リファラル採用の特徴

  • 知り合いが働いている会社なので、リアルな声が聞ける
  • 入社した後も会社の雰囲気に馴染みやすい
  • 再現度が低い

リファラルとは、「友人や知り合いに紹介してもらって入社する方法」です。中の人におすすめしてもらって入社するイメージですね。

リファラルの特徴は、「知り合いが中にいるので、リアルな声が聞けること」です。転職活動にありがちな「入社前と入社後でギャップがある…」といった事態を防げます。

内部に知り合いがいないといけないので、再現性は低く、ハードルは高めです。しかし、知り合いにWebマーケティング会社で働いている人がいるなら、積極的に話を聞いてみると良いですね。

なお、僕の友人にでゅおさん(@duolog)という方がいるのですが、彼は僕の働いている会社にリファラルで採用され、現在、一緒に働いています。もともと友人だけあって、僕としても楽しく働けています。

彼の転職エントリとブログは参考になるので、ぜひ読んでおくことをおすすめします。

参考:子供が出来たばかりだけど、年収200万以上下げてWebマーケティング会社に転職する話

④転職サイトで探す

転職サイトの特徴

  • 簡単に登録できる
  • 求人の数が多い
  • 求人の質はピンキリ

GreenリクナビNEXTといった転職サイトで探す方法です。

求人を探すハードルは低いのですが、正直転職サイトに載っている求人で良いものは少ないと思います。

なぜなら、「企業が求人を載せるハードルが低いから」です。採用活動を適当にやっている会社が多いので、外れの会社を引く確率が高いんですよね。転職サイトが悪いわけではないのですが…

転職活動に時間を無限にかけるわけにもいかないので、転職エージェントやTwitterを活用して探すのがおすすめです。少なくとも転職サイトだけで転職活動をすることは避けましょう。

⑤Wantedlyを使う

Wantedlyの特徴

  • 個人と企業のSNSという位置づけなので、転職活動のハードルが低い
  • 面談→面接というステップがあるため、時間がかかる
  • たまに情報商材系の会社が登録している

Wantedly』という個人と企業のSNSを活用する方法です。

Wantedlyでは、「カジュアルに面談→相性が良さそうなら採用面接」といったフローで転職活動を進めることになります。

ただ、企業が登録するハードルと掲載費用が安いので、良い会社と悪い会社が混在しているのがデメリットです。

僕も過去にWantedlyを使ったことがあるのですが、情報商材系の会社にあたり、すごく不快な思いをしたので、うまく活用する必要があるなと感じました。

あと、「カジュアル面談→採用面接」というフローな分、転職活動には時間がかかります。別に急ぐ必要はないと思うのですが、遠回りな印象は否めません。個人的にWantedlyは使わなくていいと思います。自分で探した方が早いです。

Webマーケティング会社に転職するためには、自分で行動を起こすことが大事【まとめ】

Webマーケティング会社に転職するためには、自分で行動を起こすことが大事【まとめ】

Webマーケティング会社の求人の探し方を5つ紹介しました。

結論としては、以下の2つがおすすめです。

  1. 転職エージェントで探す
  2. Twitterで探す

転職エージェントで広く探しつつ、Twitterではピンポイントで探すイメージですね。

自分で検索しても良いですが、検索で探すのにはコツがあるので、エージェントとTwitterを活用しつつ進めると良いです。

僕は転職エージェントだけで転職活動を進めたのですが、あとから求人を振り返ってみても良い感じの会社が多かったですね。

一番大事なのは、必要とされるスキルを身につけること

Webマーケティング会社に転職した人の失敗談を聞くことがよくあるのですが、理由として多いのは「個人と会社のミスマッチ」です。

「スキルがないから営業に配属される」とか、「その会社で活かしにくいスキルだった」などです。

この記事では、「良い求人の探し方」を紹介しましたが、結局は本人のスキル次第なので、まずは必要とされるスキルを身につけることから始めてみてください。

なお、有料ですが僕も個人的に転職相談サービスをやっていますので、もし興味があればお問い合わせいただければと思います。

>>20代向けの転職相談サービスはこちら

20代向けの転職相談サービス

2019年4月12日

※転職できるスキルを身につける方法などの相談にも乗っています。まずはお気軽にお問合せください。

記事の中で紹介した転職エージェント
  • リクルートエージェント:大手の転職エージェント。僕もリクルートエージェント経由で転職しました。
  • ワークポート:IT/Webに特化した転職エージェント。大手では扱わない求人もあるので、より幅広く求人を探すために使いましょう。
  • マイナビエージェント:こちらも大手。リクルートと一緒に登録しておいて、使いやすい方を使うのが良いかなと思います。
関連記事

>>Webマーケティング業界への転職におすすめな転職エージェント3つ【転職サイトはおすすめしない】

Webマーケティング業界への転職におすすめな転職エージェント3つ【転職サイトはおすすめしない】

Webマーケティング業界への転職におすすめな転職エージェント3つ【転職サイトはおすすめしない】

2019年7月15日

>>【実践】Webマーケティングのベストな独学方法【ブログがおすすめ】

【実践】Webマーケティングのベストな独学方法【ブログがおすすめ】

【実践】Webマーケティングのベストな独学方法【ブログがおすすめ】

2018年12月9日

>>Webマーケティング会社に未経験で転職する手順まとめ【体験談あり】

スポンサーリンク

楽しく働きたい20代の方へ向けた記事

もし、今の仕事にもやもやした感情を抱えているなら、転職を考えてみても良いかもしれません。

特におすすめなのが、エンジニアやデザイナー、WebマーケターといったWeb系の仕事。

未経験でも、少しの独学をすることで、採用される可能性がグッと上がります。

楽しく働きつつ、今より収入を上げたいならぜひ以下の記事を読んでみてください。

Web系の仕事について知る
【20代の仕事】楽しく働きたいなら「Web系の仕事」がおすすめ

楽しく働きたいなら「Web系の仕事」がおすすめ【20代向け】

2019年3月7日
Webマーケティングを始める

Webマーケティング会社に未経験で転職する手順まとめ【体験談あり】

2019年4月21日
【実践】Webマーケティングのベストな独学方法【ブログがおすすめ】

【実践】Webマーケティングのベストな独学方法【ブログがおすすめ】

2018年12月9日
プログラミングを始める
【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

【未経験から】プログラミングの独学方法の手順まとめ【実践済み】

2018年9月20日
未経験からWeb制作会社に就職する時のポイント【会社の選び方も解説】

未経験からWeb制作会社に就職・転職する時のポイント【会社の選び方も解説】

2018年12月24日